2018年6月 5日 (火)

◆岩牡蠣◆

今月から、旬の食材の岩牡蠣が入荷いたしました。冬場の真牡蠣とは違い身が大きく濃厚な旨味があるのが特徴です。 また「海のミルク」とも例えられるほど栄養価もあります。
岩牡蠣は生や焼いて食べるのも美味しいですが、天ぷらにすることで旨みがより一層増します。
お追加で承っておりますので、ぜひ圓堂の岩牡蠣の天ぷらをお試しください。
16
京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.gion-endo.com/
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 2日 (土)

新入社員

圓堂接客部の新入社員が入社2ヶ月が経ち、昨日より着物の着付けを先輩社員が教えています。
圓堂接客の晴れの制服である着物を着て本店玄関で記念撮影。
いよいよ彼女達も圓堂の大切なお客様をお迎え致しますが、どうか皆様のご指導の方よろしくお願い申し上げます。
15
圓堂店主 拝

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 5日 (土)

端午の節句

本日は端午の節句でございます。八坂圓堂では「兜」と西村五雲「ちまき」の掛け軸で、お客様をお迎えしております。
「端午の節句」は5月5日にあたり、「菖蒲〔しょうぶ〕の節句」とも言われます。
強い香気で厄を祓う菖蒲やよもぎを家の軒先につるしたり、また菖蒲湯に入ることで無病息災を願いました。
「菖蒲」を「尚武〔しょうぶ〕」という言葉にかけて、勇ましい飾りをして男の子の誕生と成長を祝う「尚武の節句」でもあります。
身を守る「鎧」や「兜」を飾り、男子の成長や立身出世を願ってお祝いをします。
また、初節句にはちまきを、2年目からは新しい芽がでるまで古い葉を落とさない事から「家督が途絶えない」縁起物として「柏餅」を食べます。
男の節句とされているので、圓堂では昔から店主や男手が「鎧や兜」を飾り付けしています。

※西村五雲(にしむらごうん):日本画家、京都出身。岸竹堂(ちくどう)に入門し、竹堂没後の99年からは竹内栖鳳(せいほう)に師事する。
動物の生態を生き生きと捉える絵を描き、平和でのどかな動物画を得意としていた。代表作に『日照雨』『秋茄子』などがあり、画塾晨鳥社(しんちようしや)を主宰して山口華楊らを育てた。

22

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
■JA京都「旬の京野菜提供認定店」
■日本ソムリエ協会員認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 4日 (金)

HINODE POWHER JAPAN

「HINODE POWHER JAPAN🇷🇺」はロシア国内で日本食文化を紹介するフェスティバルとして高い認知度を誇っています。憧れの日本文化に触れる事のできるこのイベントに日本ファンのロシア人が各地から沢山来場していました。
天ぷら圓堂からは東料理長が日本食ブースで頑張って来てくれました。連日行列ができクローズ前の完売が続き大人気でモスクワテレビ局も取材に来られました。

21

※圓堂ブースではトウモロコシとエンドウ豆コロッケやえび天を提供させて頂きました。
※ロシア・モスクワ市VDNHエキスポ第75番パビリオン
後援:在ロシア日本大使館

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月29日 (日)

ジョブリターン システム

圓堂を退職された皆様、その後如何お過ごしでしょうか。
この度、圓堂を一度離れた方々に再び当社で活躍して頂きたいという想いから、圓堂リクルートHP上に「ジョブリターン窓口」を開設しました。
様々なライフプランやキャリアプランを理由にやむなく圓堂を退職された方で、再び圓堂グループにて力を発揮したいという方がおられましたら、是非ジョブリターン窓口への登録をお願いいたします。
以前の圓堂での経験と功績を考慮し、一からではなく退職時迄の人事考課を引継ぎ、加えて他の会社での経験も加えて、復職時の待遇を有利にさせて頂きます。
皆さまの懐かしい元気なお顔を見せていただき、再び皆んなで一緒に働けることを楽しみにしております。

20

WEB: http://recruit.endo.kyoto/return.html
応募資格:原則として、圓堂グループにおいてフルタイム社員としての勤務経験が1年以上の方。グループ退職後の経過期間は問いません。
雇用形態:正社員またはパート

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月24日 (火)

HINODE POWHER JAPAN

今年で6年目を迎え、ロシア国内で日本食文化を紹介するフェスティバルとして最近は高い認知度を誇っています。
日本の古典伝統やサブカルチャー、日本人パフォーマーによるステージ、有識者による講義、日本文化に直接触れる事のできるクラス、日本製品と日本食紹介販売等、まさに「日本」を体験することができます。
毎年春、開催されるこのフェスティバルに「日本のファン」のロシア人が各地から来場しています。
天ぷら圓堂もロシアの日本ファンを増やすべく微力ながら日本食ブースで頑張ってます!
※圓堂ブースではトウモロコシとエンドウ豆コロッケやえび天をロシアの方々に食べて頂く予定です

22

2018年4月27日〜29日(日)
ロシア・モスクワ市VDNHエキスポ第75番パビリオン
後援:在ロシア日本大使館

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月28日 (水)

天ぷら圓堂 保守・補修

天ぷら圓堂では、いつも年度末のこの時期に、約100年間護り続けている建物や調度を保守・補修を行っております。
春の訪れとともに、沢山のお客様に気持ちよくご利用頂くために、普段は目に付かない様な箇所に至るまで、誰よりも当店を見守り続けてくれている大工さんが腕を振るいます。

23

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月26日 (月)

入社式

本日、株式会社圓堂 平成30年度新入社員の入社式を執り行いました。
今回は20名のフレッシュな新入社員たちは、新社会人としての緊張した面持ちで入社をいたしました。
新たな圓堂のメンバーとしてともに成長し高みを目指していける人財となるよう期待しております。

22

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月23日 (金)

フランシス・F・コッポラ氏 来店

本日、映画監督でもあり自身のワイナリーを持つフランシス・F・コッポラ氏とご家族の皆様に約5年ぶりに再びお越しいただきました。前回のことも覚えておられ、圓堂名代の京風天ぷらを楽しまれておりました。
当店や姉妹店の「ワインバー宮川町近江栄」では人気のフランシス・フォード・コッポラ・ワイナリーの奥様の名前を付けられた“エレノア”や愛娘からつけられた“ソフィア”、そしてイングルヌックヴィンヤードのワインもご用意いたしております。

21

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月27日 (火)

門川京都市長へ表敬訪問

本日、八坂圓堂が後援しているミス日本酒京都大会のご挨拶と報告に門川京都市長へ表敬訪問致しました。2018 ミス日本酒京都代表である長澤采佳さんの京都への思いと明るい雰囲気で市長も楽しげにお話し頂いてました。
これからも株式会社圓堂は京都の料理屋としての誇りと京都の企業としての責務を抱き、京文化の発信に積極的に協力してまいりたいと思います。
京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

28471569_1559555667432231_631084170

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧