2017年8月26日 (土)

八坂圓堂 ホテル・ザ・セレスティン京都祇園店

この度良縁により日本料理「八坂圓堂 ホテル・ザ・セレスティン京都祇園店」を9月7日木曜日に開店致す運びとなりました。これも一重に日頃ご愛顧の皆様よりの賜と感謝致しております。「セレスティン圓堂」は 祇園の奥座敷、閑静な八坂通り 圓堂本店に見守られるように…、 建仁寺の広大な境内に抱かれるように… 伝統と現代建築を調和させたホテル.ザ.セレスティン京都祇園内にございます。
お近くにお越しの際は、是非お立ち寄り下さい。皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。

2
八坂圓堂ホテル・ザ・セレスティン京都祇園
http://celestine.endo.kyoto/
075-551-3035

八坂圓堂
亭主 遠藤弘一
女将 遠藤惠

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月21日 (月)

◆ 圓堂歳時記 ◆

時折駆ける風に秋の気配を感じるこの頃。
この夏の思い出をひとつひとつ空へ描いておりました。
夏の象徴「花火」をテーマに一瓶を仕上げております。
移りゆく季節に心躍らせ。

主な花材:主な花材:山牛蒡、向日葵、シャロン、竜胆

2

3

担当 畑

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月18日 (金)

おもてなし - お出迎え -

本日もお越しくださるお客様を心待ちに、弊店前の八坂通りにてお出迎えしております。
笑顔で気持ちよくお席までご案内をいたします。
当日でもお席のご用意が可能な場合もございますので、何なりとお声掛けください。

この夏、お気に入りの「紗の博多献上帯」、帯柄には「子孫繁栄」「家内安全」の願いが込められた縁起の良いものです。
お越しくださるお客様のご多幸を願っております。

1

担当 堂本

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 7日 (月)

◆ 圓堂歳時記 ◆

崖を流れ落ちる滝の麓に、紅葉し真っ赤に染まる七竈。
ハッと心揺さぶる瞬間を捉え、一瓶を生けあげました。
静の中にある動、秋の風を感じていただけましたら幸いです。

掛軸:「瀧」 堀内 宗心
主な花材:七竈(ナナカマド)、牡丹唐松(ボタンカラマツ)、縞蒲(シマガマ)

1

担当 畑

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月31日 (月)

◆ 圓堂歳時記 ◆

本日10時より行われる「八坂神社 疫神社夏越祭」が祇園祭の最終行事でございます。
蘇民将来を祭る「疫神社」の鳥居に大茅輪を設け、参拝者はこれをくぐって厄気を祓い「蘇民将来之子孫也」の護符を授かります。
なんとも名残惜しく、来年の祇園祭が既に待ち遠しいですね。

掛軸:「祇園祭之夕」 小原 祥邨
花材:檜扇

2

担当 畑

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月28日 (金)

- えんどう豆のコロッケ -

ご愛顧いただいておりました「えんどう豆のコロッケ」は、さらに改良を加え、より魅力ある一品に生まれ変わりました。
丁寧に裏ごしをした豆餡と刻んだ海老をスナップエンドウの鞘へ包み込みました。
「サクッ」「パリッ」「とろっ」と、三重奏が口一杯に広がり、食感にも楽しく、より奥行きを感じていただけます。
弊店こだわりの“抹茶塩”と相性抜群で、えんどう豆本来の甘みと風味をグンと引き立てます。

1

担当 喜田

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月24日 (月)

◆ 圓堂歳時記 ◆

真っ青に澄み渡る空と大きな入道雲、夏がやってまいりました。
向日葵は太陽を追いかけるようにグングンと成長いたします。
風に揺れる姿は微笑んでいるようです。
さて、もうすぐ夏休みやお盆などのお休みですが、皆さまはいかがお過ごしのご予定でしょうか。
京都祇園界隈へお越しの際は、ぜひお立ち寄りくださいませ。
向日葵のように元気なスタッフが、本日もお客様のお越しを心よりお待ち申し上げます。

掛軸:「蓮に翡翠」 西村 五雲
主な花材:向日葵、土佐水木、紫陽花、紅花

2

担当 畑

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月17日 (月)

◆ 圓堂歳時記 ◆

まもなく梅雨も明け、夏本番といったところでしょうか。
祇園祭も最高潮をむかえ、京都はすでに真夏のような活気でございます。
カラッとサクッと揚げたての天ぷらに、キリッと冷えたお酒…。和やかなひと時をつまみにお楽しみ下さい。
掛軸:「燕」 奥田 雀草
主な花材:姫檜扇

1
担当 畑

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月10日 (月)

◆ 圓堂歳時記 ◆

京都の7月は、祇園祭なくして語ることができません。
この時期になると京都独特の風習で、植物の檜扇(ヒオウギ)を玄関先などへ飾ります。
扇状の葉を持つことから、宮中で用いられた木製の扇(檜扇)にちなみ「檜扇」と名付けられました。
昔々、木製の檜扇で悪霊退散していたことより、厄除けの花として飾られるようになったとか。
弊店も期間中は檜扇や飾りをあしらい、あちらこちらで祇園祭を感じていただけるよう仕掛けしております。

掛軸:「祇園祭之夕」 小原 祥邨
花材:檜扇

2

担当 畑

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 7日 (金)

- 七夕 -

本日、7月7日は五節句のひとつ「七夕」でございます。
七夕といえば短冊に願いごとをしたため、笹へ結びます。
空を仰げば、天の川を隔て年に一度だけ逢うことを許された織姫と彦星。
現世では、お互いの気持ちひとつで逢うことが叶います。
限りある時間を大切な方とお過ごしください。
お客様のお越しを心よりお待ち申し上げます。

2

担当 井ノ口

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto/
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧