2018年5月15日 (火)

ー姫もろこしー

とうもろこし畑での間引き作業はすぐに終わってしまうため、姫もろこしは初夏の短い期間しかお目にかかれない貴重な食材です。
圓堂ではこの姫もろこし本来の味を生かすため、薄皮を残してお出ししております。
薄皮に包まれたままさっと揚げると、とうもろこし特有のほんのりとした甘みが、爽やかなシャキッとした歯ごたえとマッチして、得も云えぬ香りと美味しさを醸し出します。
この食材は今の時期だけのほんの一瞬の楽しみといえますので、お追加の際はお気軽にお申し付けください。
京都祇園「天ぷら八坂圓堂」へお越しの際はぜひお試しください。
12
京都祗園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.gion-endo.com/
http://www.facebook.com/gion.endo

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月22日 (木)

- 白魚 -

早春の味覚として知られている白魚は春先の今の時期に旬を迎える食材の一つです。
新鮮な白魚は、水晶のように輝き、透き通っていて大変美しいです。

天ぷらでは、かき揚げ、紫蘇巻き、磯部巻きと様々な形でお楽しみいただけます。
ぜひ旬の天ぷらをお試しください。

20

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月26日 (月)

たらの芽

だんだんと日差しも暖かくなり春の兆しを感じる季節となりました。

天ぷら圓堂にも徐々に春の食材が入荷してきております。
早春の代名詞である山菜も圓堂の春の天ぷらには欠かせない一品です。山菜の王様ともいわれているこちらの「たらの芽」は山菜の中でも早い時期に出てくるもので2月上旬ぐらいから始まり3月にその旬を迎えます。その特有の苦みが京都の優しい日本酒との相性も良くお酒の進む一品です。
ぜひ天ぷら圓堂にご来店の際にはご賞味ください。

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

28167976_1558553604199104_317174913

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月23日 (金)

京野菜 - 竹の子 -

かぐや姫に登場しそうな京都の竹林、乙訓(おとくに)地域が名産地として広く知られております。
乙訓地域は長岡京市とその周辺を指し、古来よりこの一帯独自の「京都式軟化栽培法」で栽培されます。
手間暇かけ愛情を一身に受けた京竹の子は、皮は白く、アクやえぐみも少なく、柔らかい歯ごたえと特有の甘みがございます。
掘り取り後、時間経過とともに固くなり、えぐみが強くなるため、鮮度がなにより大切です。
朝取りの新鮮な竹の子に薄衣を着せ、天ぷらへと仕立てます。
その他にも若竹煮、道明寺蒸し、木の芽焼きなど、春の訪れをまじかに感じられる一品をご用意し、お客様のお越しを心よりお待ち申し上げます。

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月22日 (日)

八坂圓堂 パンフレット

天ぷら 日本料理「八坂圓堂」では忘年会や新年会シーズンを前に、従来の紙製パンフレットを一新し、電子パンフレットを新調致しました。
ご用途や人数、支店や献立別にまとめ、年末に向けてのご会食やお集まりの機会に検討しやすくなっております。
ご案内書にパンフレットを同封する手間もなく、すっきりとした連絡が可能です。ご拝読いただけましたら幸いでございます。
八坂圓堂亭主 拝

電子パンフレットURL
http://www.endo.kyoto/pamphlet

Photo

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月25日 (金)

圓堂名物 - 牡丹穴子 -

鱧のように細かく骨切りした穴子を、気品高い牡丹の花のように天ぷらへ仕立てました。
板前の技と店主の趣向を凝らし、器の中へ想いを込めて。
圓堂特製ぽん酢に柚子の香りを添え、後味爽やかにお召し上がりいただきます。

※昼の部:天ぷら会席「祇園」
※夜の部:天ぷら会席「八坂」
     天ぷら会席「清水」
     特別天ぷら会席「東山」
上記コースにてご提供しております。
お追加も承れますのでご用命くださいませ。

1

担当 伊藤

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月11日 (金)

- 松茸 -

秋の香りを代表する「松茸」を、圓堂では天ぷらと土瓶蒸しにて御用意しております。
薄衣にやさしく包まれ、香りを抱きかかえた天ぷらは、口に含んだ瞬間から旨みが溢れ出します。脂ののった鱧と松茸を合せた土瓶蒸しは、天ぷらとはまた異なる芳醇な香りに酔いしれます。
旬の食材を味わう、贅沢なひと時をお過ごしくださいませ。

2
担当 豊田

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月14日 (金)

季節の一品

- 水茄子と京茗荷のあっさり和え -
大きく発達した入道雲が夏の訪れを知らせ、一段と暑さ厳しくなってまいりました。
水茄子の瑞々しさに京茗荷のシャキッとした食感。
この時期にぴったりの一品に仕上がっております。
カラッと揚がった天ぷらのお箸休めにいかがでしょうか。

11

担当 小松

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月30日 (金)

- 岩牡蠣 -

岩牡蠣は、別名「夏牡蠣」とも呼ばれ、夏に旬をむかえるます。
また「海のミルク」とも呼ばれ、夏バテ予防にも最適です。
栄養価が高く、冬の牡蠣よりも身が大きく、ふっくらしています。
天ぷらにすると、旨味が一層凝縮し濃厚な甘みと独特の渋みが口いっぱいに広がります。
しっかり冷えた白ワインや日本酒と合わせてお楽しみください。

4

担当 金子

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月27日 (火)

- おすすめの白ワイン -

ドメーヌ エティエンヌ ドールニー / サンセール ブラン 2015
Domaine Etienne Daulny / Sancerre Blanc 2015
山深いショードネイの地で数世紀にわたって葡萄造りを行う小さな蔵元。レモンやグレープフルーツ、パイナップルの香りが華やかに広がります。キレ良い酸味と完熟したソーヴィニヨンブラン。
ふくよかな果実味でバランスよく、石灰岩由来の強靭なミネラルが心地よい余韻を残します。

2

担当 山越
京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧