2017年8月25日 (金)

圓堂名物 - 牡丹穴子 -

鱧のように細かく骨切りした穴子を、気品高い牡丹の花のように天ぷらへ仕立てました。
板前の技と店主の趣向を凝らし、器の中へ想いを込めて。
圓堂特製ぽん酢に柚子の香りを添え、後味爽やかにお召し上がりいただきます。

※昼の部:天ぷら会席「祇園」
※夜の部:天ぷら会席「八坂」
     天ぷら会席「清水」
     特別天ぷら会席「東山」
上記コースにてご提供しております。
お追加も承れますのでご用命くださいませ。

1

担当 伊藤

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月11日 (金)

- 松茸 -

秋の香りを代表する「松茸」を、圓堂では天ぷらと土瓶蒸しにて御用意しております。
薄衣にやさしく包まれ、香りを抱きかかえた天ぷらは、口に含んだ瞬間から旨みが溢れ出します。脂ののった鱧と松茸を合せた土瓶蒸しは、天ぷらとはまた異なる芳醇な香りに酔いしれます。
旬の食材を味わう、贅沢なひと時をお過ごしくださいませ。

2
担当 豊田

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月14日 (金)

季節の一品

- 水茄子と京茗荷のあっさり和え -
大きく発達した入道雲が夏の訪れを知らせ、一段と暑さ厳しくなってまいりました。
水茄子の瑞々しさに京茗荷のシャキッとした食感。
この時期にぴったりの一品に仕上がっております。
カラッと揚がった天ぷらのお箸休めにいかがでしょうか。

11

担当 小松

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月30日 (金)

- 岩牡蠣 -

岩牡蠣は、別名「夏牡蠣」とも呼ばれ、夏に旬をむかえるます。
また「海のミルク」とも呼ばれ、夏バテ予防にも最適です。
栄養価が高く、冬の牡蠣よりも身が大きく、ふっくらしています。
天ぷらにすると、旨味が一層凝縮し濃厚な甘みと独特の渋みが口いっぱいに広がります。
しっかり冷えた白ワインや日本酒と合わせてお楽しみください。

4

担当 金子

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月27日 (火)

- おすすめの白ワイン -

ドメーヌ エティエンヌ ドールニー / サンセール ブラン 2015
Domaine Etienne Daulny / Sancerre Blanc 2015
山深いショードネイの地で数世紀にわたって葡萄造りを行う小さな蔵元。レモンやグレープフルーツ、パイナップルの香りが華やかに広がります。キレ良い酸味と完熟したソーヴィニヨンブラン。
ふくよかな果実味でバランスよく、石灰岩由来の強靭なミネラルが心地よい余韻を残します。

2

担当 山越
京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月16日 (金)

京の夏 - 鱧 -

京都に夏を告げる「祇園祭」まであと僅かです。
昔から祇園祭といえば「鱧」と結びつくくらいに、京都では重宝されていたお魚です。
梅雨の雨を飲んで美味しくなると言われており、梅雨明けの7月には脂が乗りはじめ旬をむかえます。
ふわっと口でほどけるような柔らかい天ぷらや、さっぱりと納涼「鱧落とし」など。
丁寧に骨きりした職人の技をご堪能いただけます。

1

2

担当 秦

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 9日 (金)

水無月 - 夏越の大祓 -

1年の折り返し、6月の晦日に行われる「夏越の大祓」。
これは、半年間に溜まった厄を茅の輪をくぐり祓い、残りの半年を無事に過ごせるよう祈願する行事です。弊店界隈では八坂神社、恵美須神社、安井金比羅宮で行われております。
圓堂でも6月は先附の養老豆腐を水無月の形にし、召し上がっていただいております。気分も晴れ晴れと、半年の良いスタートを弊店にてお過ごしくださいませ。

5

担当 大塚
京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 2日 (金)

初夏の便り - 小鮎 -

琵琶湖産で湖魚中の湖魚「小鮎(こあゆ)」を弊店では提供しております。
成魚でも10cm以下と大きくならず、稚鮎とは異なり世界で唯一「小鮎」と呼ばれる琵琶湖のみに生息する鮎です。
その味わいは上品でくせがなく淡白、骨や皮がやわらかく、食感に優れ、季節の移り変わりを五感でご堪能いただけます。

4

担当 小澤

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月26日 (金)

お土産 - 圓堂謹製「天結び」おせん -

圓堂名代の京風天ぷらのかき揚げと厳選した車海老の天ぷらをお持帰りいただきやすいお煎餅へ仕立てました。
京野菜をふんだんに使用したかき揚げをモチーフに、素材の味を丁寧に再現した「天ぷらおせん」。
丸々一匹の車海老を使用した贅沢で香ばしい香りの「姿焼きおせん」。
贈り物におすすめの化粧箱入りお煎餅詰め合わせ「双圓セット(2種を各10枚)」と、ちょっとしたお土産などに小袋(8枚入)お煎餅各種。
お祝いや贈呈用のほか、ご自宅用にもご好評をいただいております。

1

担当 土本

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月19日 (金)

珍味の天ぷら- 干し子 -

なまこの卵巣を塩漬けし贅沢にも何枚も連ねて紐に掛けて三角形状に干したもので、日本を代表する珍味のひとつです。
名称は干し子、ばち子、くち子、この子など地域によって様々です。
弊店ではこちらを贅沢に天ぷらへ仕立てます。
特別天ぷら会席「東山」の献立に含まれ、お追加でもお召し上がりいただけます。
磯の香りが素晴らしく、日本酒と相性もよく、癖になる逸品です。

2
担当 今井
京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧