« - 七夕 - | トップページ | 季節の一品 »

2017年7月10日 (月)

◆ 圓堂歳時記 ◆

京都の7月は、祇園祭なくして語ることができません。
この時期になると京都独特の風習で、植物の檜扇(ヒオウギ)を玄関先などへ飾ります。
扇状の葉を持つことから、宮中で用いられた木製の扇(檜扇)にちなみ「檜扇」と名付けられました。
昔々、木製の檜扇で悪霊退散していたことより、厄除けの花として飾られるようになったとか。
弊店も期間中は檜扇や飾りをあしらい、あちらこちらで祇園祭を感じていただけるよう仕掛けしております。

掛軸:「祇園祭之夕」 小原 祥邨
花材:檜扇

2

担当 畑

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

« - 七夕 - | トップページ | 季節の一品 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185813/65516141

この記事へのトラックバック一覧です: ◆ 圓堂歳時記 ◆:

« - 七夕 - | トップページ | 季節の一品 »