« 2017年5月 | トップページ

2017年6月23日 (金)

夏 - 装い -

弊店での6月は、着物・暖簾・座布団・折敷などを夏の装いへと衣替えいたします。
仲居の着物は単衣、帯は絽や紗などで透け感があり、見た目にも涼しくなりました。
玄関などの暖簾や座敷の座布団は麻の生地に、お食事の折敷はすだれを使用したものに替り、夏も本番といったところです。
少しでもホっと涼んでいただけますよう、おもてなし。
夏仕様の弊店にてお客様のお越しを心よりお待ち申し上げます。

1

担当 河田

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月19日 (月)

◆ 圓堂歳時記 ◆

今年も紫陽花の花咲く梅雨の季節がやってまいりました。
季節はあっという間で、つい先日桜を見て春が来たなと感じていたところでございます。
お寺・神社の境内や庭園など、京都各所に名所がございますので、ぜひとも足をお運びくださいませ。

主な花材:紫陽花、姫リョウブ

3

担当 畑

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月16日 (金)

京の夏 - 鱧 -

京都に夏を告げる「祇園祭」まであと僅かです。
昔から祇園祭といえば「鱧」と結びつくくらいに、京都では重宝されていたお魚です。
梅雨の雨を飲んで美味しくなると言われており、梅雨明けの7月には脂が乗りはじめ旬をむかえます。
ふわっと口でほどけるような柔らかい天ぷらや、さっぱりと納涼「鱧落とし」など。
丁寧に骨きりした職人の技をご堪能いただけます。

1

2

担当 秦

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月12日 (月)

◆ 圓堂歳時記 ◆

『立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花』の言葉があるように、昔の人は上手に例えたとつくづく感じます。
美しい立ち姿、座り姿、歩き姿、仕草を形容することで、よりイメージのしやすい目標としていたのかもしれません。蕾からは想像できないほど大きく広がる姿は、誠に見事でございます。
主な花材:芍薬、姫リョウブ、紅花

6
担当 畑

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 9日 (金)

水無月 - 夏越の大祓 -

1年の折り返し、6月の晦日に行われる「夏越の大祓」。
これは、半年間に溜まった厄を茅の輪をくぐり祓い、残りの半年を無事に過ごせるよう祈願する行事です。弊店界隈では八坂神社、恵美須神社、安井金比羅宮で行われております。
圓堂でも6月は先附の養老豆腐を水無月の形にし、召し上がっていただいております。気分も晴れ晴れと、半年の良いスタートを弊店にてお過ごしくださいませ。

5

担当 大塚
京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 5日 (月)

◆ 圓堂歳時記 ◆

艶があり、しっとりとしてシルクのような質感のラナンキュラス。
紫陽花によく似ているけれども、アジサイ科ではなくスイカズラ科のスノーボール。
新緑が瑞々しく、秋には鮮やかな紅葉を魅せるナナカマド。
植物それぞれの個性と表情、取り合わせでの化学反応、一期一会の出会いにいつも魅了されます。

主な花材:七竈(ナナカマド)、スノーボール、ラナンキュラス

1

担当 畑

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 2日 (金)

初夏の便り - 小鮎 -

琵琶湖産で湖魚中の湖魚「小鮎(こあゆ)」を弊店では提供しております。
成魚でも10cm以下と大きくならず、稚鮎とは異なり世界で唯一「小鮎」と呼ばれる琵琶湖のみに生息する鮎です。
その味わいは上品でくせがなく淡白、骨や皮がやわらかく、食感に優れ、季節の移り変わりを五感でご堪能いただけます。

4

担当 小澤

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ