« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月30日 (日)

ー圓堂主人よりー

天ぷら圓堂のある東山や八坂界隈の料亭や旅館は、鴨川にほど近く、古くより「加茂七石」と云われる京都の銘石を贅沢に使用した石垣を組み、その上に数寄屋建物を築くという手法をとってきました。
新しく建築中の圓堂八坂西邸でも本店の石垣意匠を継承すべく、京都石積み職人で著名な安藤氏にお願いして石垣造りを行なっています。
紅加茂石・雲ヶ畑石・貴船石・鞍馬石・賤機石・八瀬まぐろ石・ふご下石などなど…、それぞれの石が放つ独特の紋様や深い色合いと、それらを独特の個性で積み上げる安藤氏の石積みの技をご期待下さい。
※「天ぷら圓堂 八坂西邸」は今冬開店予定です
※カウンター20席、宴席50名様迄対応致します

4_2

天ぷら圓堂
主人 遠藤弘一 拝

| コメント (0) | トラックバック (0)

ー圓堂主人よりー

かねてより準備を進めておりました「天ぷら圓堂 八坂西店」愈々12月にオープン致します。
今年早々に京都府有地とご縁があり、その後半年間、行政景観打合せ・条例許認可等の準備を進め、つつがなく地鎮祭・棟上げも執り行い、現在は工事が佳境に入ってます。12月中旬(予定)の開店を目指しております。
建築以外にも、お庭やお部屋のしつらえ… 料理やおもてなしスタッフとの目合わせ… 建具や調度の選定等など…、暫く多忙な日々を送る事になりますが、皆さまに愛される店になるよう 従業員一同頑張って参る所存ですので、本店同様にご贔屓賜りますよう何卒お願い申し上げます。
5_2

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月28日 (金)

- 京都伏見の地酒 -

食の秋。
料理をより引き立てる、食事のお供。
天ぷらとの相性が抜群で、豊かな風味とすっきりとした後味の京都伏見のお酒。
弊店では、冷酒として月桂冠「祝米」、齊藤酒造「古都千年」、玉乃光酒造「玉乃光」、熱燗では齊藤酒造「英勲」をご用意しております。
京都のお酒と圓堂の天ぷら、そして素敵な会
話のひと時に酔いしれてみては如何でしょうか。

6

担当 田中

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月24日 (月)

◆ 草木歳時記 ◆

植物全体に毒があり、なかでも根の部分に強い毒をもつ鳥兜。
意外にも、花は鮮やかな青紫で美しい姿をしております。
表情の面白い野咲きの鳥兜が手に入り、茶花として生け、その表情を際立てました。
床の間にあたる照明が、よりムードを生み出します。

主な花材:鳥兜(トリカブト)、鬼ハゼ

5

担当 畑

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月21日 (金)

- 秋の味覚 -

この時期は、栗・きのこ・松茸・銀杏・南瓜など、ギュッと旨みの凝縮した食材が豊富にございます。
その中でも弊店では、京都ブランド野菜である「丹波本占地」「丹波栗」をお薦めいたします。
丹波本占地は、旨味成分が松茸の2倍。
丹波栗は、大粒で色艶に優れ、天ぷらに仕立てることでより甘味が増します。
その他にも、秋を感じられる食材を取り揃えておりますので、ぜひお楽しみくださいませ。4
担当 沖
京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto./
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月17日 (月)

◆ 草木歳時記 ◆

いけ花には、多種多様な表現(形式美、自然美、出生美、自己表現など)がございます。

どのような表現をするのかは、草木の表情や生ける環境を十分に考慮する必要がございます。

草木をよく観察し、花器・草木・花形との出会いを探し、一瓶を整えます。

偶然であり必然的な“出会い”に触れられることが、いけ花に没頭してしまう魅力でもございます。

主な花材:ナナカマド、曙草、糸薄、鬼ハゼ、ハンカチの木、バニカム

3

担当 畑

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」

京都市東山区小松町566

075-551-1488

http://www.gion-endo.com/

http://www.facebook.com/gion.endo

■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」

■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月14日 (金)

- 錫(すず) -

少しづつ木々が色づきはじめ、深まりゆく秋を感じる季節となりました。
今回は、お客様によくご興味を持っていただく宮内庁御用達「清課堂」の錫製酒器についてお話いたします。
錫は純度100%のやわらかい鉱物であり、錆びず、朽ちることはありません。
また、古くから寺社仏閣の壮厳品や宮中の御用品にも使用されております。
熱伝導が良いため、冷たいものはより冷たい最高の状態でお召し上がりいただけます。
弊店では主に日本酒をこちらの酒器でご提供しておりますので、揚げたての天ぷらと一緒にお楽しみくださいませ。
Photo
担当 荒川
京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.gion-endo.com/
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月10日 (月)

◆ 草木歳時記 ◆

古くから生活に密着し、多様性のある花形に“投入花”がございます。
花瓶や壺など水の入る器であれば、どんなものにでも生けることが可能です。
剣山を使用せず、水面下で植物同士が支えあい、一瓶の姿を整えます。
投入花は、技を見せず、ごく自然に生けることで、生命の輝きを協調させます。
植物同士に風が抜けるように間を持たせることで、躍動感や情緒を表現します。
主に、茶花や玄関先の花として好まれ、詫び寂びの日本文化に強く影響を受けた花形でございます。
主な花材:糸薄、栗、本ハゼ、スモークグラス、竜胆、蝦夷菊、水引
Collage
担当 畑
京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.gion-endo.com/
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 7日 (金)

季節の移ろい - 秋の七草 -

14305303_1081993158521820_180433822
春の七草は、長い冬の終わりに新芽の滋養を御粥で食し、無病息災を祈願します。
これに対して秋の七草には、秋の訪れをいち早く知らせるものが多く、咲き誇る花の美しさを古くから愛でて参りました。
秋の七草は万葉集の山上憶良が詠んだ歌「秋の野に 咲きたる花を 指折り かき数ふれば 七種の花」「萩の花 尾花 葛花 瞿麦の花 姫部志 また藤袴 朝貌の花」に由来します。
歌に浮かぶ風景は、今となっては稀なものとなってしまいました。
花野を眺めながら、一句詠んでみたいものです。
春の七草「芹、薺、御形、繁縷、仏の座、薄、蘿蔔」
秋の七草「萩、尾花、葛、撫子、女郎花、藤袴、桔梗」
花材:尾花(すすき)、女郎花(代用でミシマサイコ)、藤袴
担当 小谷
京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.gion-endo.com/
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 3日 (月)

◆ 草木歳時記 ◆

澄み切った青空に群生して咲く秋桜とのコントラスト。
時折、そよ風にゆらゆら揺れる姿はなんとも愛らしく感じるものです。
秋桜(コスモス)の語源は、ギリシャ語「Kosmos, Cosmos (美しい・秩序)」に由来します。
宇宙「cosmos」と同じ語源で、星々や花びらが整然と並ぶ様子の美しさを称えられたものだそうです。
花色は、鮮やかなピンクの他に白・赤・橙・黒などがあり、色とりどりに咲く景色もまた見事でございます。
主な花材:秋桜(コスモス)、吾木香(ワレモコウ)、鬼ハゼ、バニカム
Collage_3
担当 畑
京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.gion-endo.com/
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

ー おすすめワイン -

カンティーネ・サン・マルツァーノ / コレッツィオーネ・チンクアンタ
Cantine San Marzano / Collezione Cinquanta
14095745_1058179104236559_274662116
ワイナリーの創業50周年を記念して作られたサン・マルツァーノ社の真骨頂であり特別なワイン。
プーリアの宝ともいうべき樹齢50年以上の古木から収穫をされた葡萄(2011年産と2012年産のキュヴェ)がブレンドされております。
ブラックベリーやプルーンを煮詰めたような濃縮されたとろっとした舌触りと香り高い果実味。
ほんのりとスパイスのニュアンスがアクセントとなり、滑らかで長い余韻をお楽しみいただけます。
担当 山越
京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.gion-endo.com/
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »