« “夏の一品” -賀茂茄子- | トップページ | “着物の衣替え” -露芝(つゆしば)- »

2016年6月13日 (月)

◆ 草木歳時記 ◆

この時季の燕子花は、花茎のグンっと成長した姿に力強い生命観を感じます。
春夏秋冬で多様な姿を楽しめる燕子花は、日本古来より多くの画家や歌人などを虜にして参りました。
日本の感覚に寄り添ってきた燕子花は、花のしなやかな美しさに加え、葉に絶妙な艶やかさがございます。
群生する姿は圧巻で、まさに日本画の世界が眼前に広がります。
今年は見頃を過ぎましたが、来年のご予定にいかがでしょうか。
その際は、ぜひ弊店で素敵な観光の思い出話をお聞かせくださいませ。
Collage11
花材:燕子花(かきつばた)
担当 大森
京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.gion-endo.com/
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

« “夏の一品” -賀茂茄子- | トップページ | “着物の衣替え” -露芝(つゆしば)- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185813/64025070

この記事へのトラックバック一覧です: ◆ 草木歳時記 ◆:

« “夏の一品” -賀茂茄子- | トップページ | “着物の衣替え” -露芝(つゆしば)- »