« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月25日 (火)

八坂圓堂にお勤めしてもうすぐ一年…

日々春めいていく八坂圓堂にお勤めしてもうすぐ一年…
春には待望の初めての後輩も入ってきます。
昨年は着付け教室に通わせてもらってましたが、ようやく造り帯を卒業し、お太鼓の形に拘った新しい帯の楽しさを知りました。
春からは頑張って少し余裕をつくって、お客様やお店のために、そして後輩のために、そして自分自身の成長のために、もう一つお稽古を始めようと思ってます。
まだ圓堂の先輩に相談段階ですが、全てのおもてなしやしつらえの基本である茶道を始めるつもりです。
後輩の子が入社すると、私も先輩としてやっていかなくてはならないという焦りもありますが、また違う思いで仕事に向き合えるきっかけでもあり、自分自身ひとまわり大きく成長出来ればと考えてます。
1969209_619972508057223_94127596_n
接客係:長谷川
京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.gion-endo.com/
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月23日 (日)

◆山菜◆

1779209_619174861470321_1609021749_
山菜とは山野に自生し食用とする植物の総称です。
食用として栽培されている山菜は、安定して収穫量が多く、味も良いことが特徴です。
それに対し、天然物は非常に貴重でとなっており、苦みを強く感じるものが多いです。
今からの早春の時期、圓堂では、たらの芽・ふきのとう・こごみ等さまざまな種類の山菜を天ぷらにてご用意させていだたいております。
独特の苦みと風味がドライな日本酒やキレのある白ワインのシャブリなどと非常によく合いますので、是非ともご賞味ください。
 
板場:宇都宮
京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.gion-endo.com/
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月15日 (土)

「HIDE'S WINE 639」浅野秀樹氏来店

八坂圓堂の人気ワイン「HIDE'S WINE 639」の浅野秀樹氏が八坂圓堂にお越しになられました。
彼がライン川沿いの一等地「Nierstein」で作る、料理との相性を重視した新しいタイプのドイツワイン“HIDE'S 639”は深いコクとキレのある柑橘系の果実味が八坂圓堂や近江栄のワインラバーに楽しんでいただいてます。
ヒデワインの「故郷ラインヘッセン」はドイツ最大のワイン産地、中でもNiersteinはライン川に面した一等地。ここの畑は「ローテンハング(赤土の急斜面)」と呼ばれる赤土粘板岩質で、ライン川に面し太陽を反射した柔らかな光を浴びる好適地です。
ドイツワインにとって最良の土壌であるニアシュタインに於いて、自然と調和したワイン造りを唱え、人一倍の情熱と手間をかけ手摘みにこだわる浅野氏の葡萄栽培。
そして彼の師であるSTRUB醸造所の300年の伝統と技術を取り入れたこだわりの醸造方法。
世界市場を動かすワイン評論家ロバートバーカーJr.も賞賛しており、08年産に続き、今提供してます11年産も90ポイントを獲得し、世界のワイン通にも評価されてます。
PS.ヒデワインとドイツ菓子のユーハイムとコラボレートしたバウムクーヘンもとても美味しかったです。「HIDE’S WINE 639」たくさんの夢が詰められた最高のハーモニーです。
Img_2801
京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.gion-endo.com/
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 5日 (水)

◇楽焼「飾り馬 楽茶盌」◇

1229887_610788788975595_1779660550_
本日は楽焼の「飾り馬 楽茶盌」をご紹介させて頂きます。
楽焼とは日本の伝統的な陶器の一種として、一般的にろくろを使用せず、手とヘラのみで成形する手捏ねと呼ばれる手法で象り、その後に750~1000度の温度で焼成されます。
当店で飾っておるこちらの「飾り馬 楽茶盌」は創業約二百年にもなる京都老舗の窯元「川嵜和楽」の作品です。
是非、京都祇園「天ぷら八坂圓堂」へお越しの際はご覧になってみてください。
 
接客係:藤崎
京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.gion-endo.com/
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »