« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月26日 (火)

◆天然鰤 造り◆

Img_2609
天然の鰤は、キメ細かい上質の脂が乗っているため、口の中でとろけるような味わいを楽しんでいただけます。
圓堂では、この鰤のお造りに、大根とわさびをおろして合わせた、わさびおろしを添えております。
わさびおろしと共に召し上がっていただくことで、さっぱりとした甘みが増して、よりいっそう鰤の旨味を堪能していただけます。
どちらも冬が旬の鰤と大根を合わせたお造りを、圓堂にお越しいただいた際には是非、ご賞味ください!
板場  久武
京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.gion-endo.com/
http://www.facebook.com/gion.endo

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月21日 (木)

2013年 ボージョレ・ヌーヴォー入荷致しました!

本年も2種類の異なるタイプのヌーヴォーをご用意いたしました。
移り行く季節を感じながら今年の新酒を是非お試しください。
1471238_446760408767173_1405550142_
Philippe Pacalet Beaujolais Vin de Primeur 2013
フィリップ・パカレ ボージョレ ヴァン・ド・プリムール
翌年以降も素晴らしい熟成をするパカレの新酒はあえて「ヌーヴォー」の名を冠さずに「ヴァン・ド・プリムール」という表記をしております。パカレのボージョレはガメイの可愛らしさだけでなく、ピノのような繊細さやエレガントさも兼ねそろえた素晴らしいワインとなっています。
Glass ¥1,365 Bottle ¥8,400
 
Clos du Fief Beaujolais Villages Nouveau 2013
クロ・デュ・フェ ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー
かのローマ皇帝ジュリアス・シーザーを語源とし村に隣接するジュリアス村は花崗岩と赤い粘土質の表土を持つこの土地で作られます。また醸造も白ワイン程の低温発酵を行う事によりヌーヴォー特有のフレッシュさと豊かなアロマから来る官能的な雰囲気を併せ持つ逸品のヌーヴォーです。
Glass ¥1,050 Bottle ¥7,350
 
京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.gion-endo.com/
http://www.facebook.com/gion.endo

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月17日 (日)

◇季節の花 「菊」◇

Img_18571
菊は、平安時代より観賞用として愛好されてきました。また皇室の紋章として桜とならんで日本人には親しみのある花です。
花の盛りは11月ですが、冬になっても咲き続けている姿から「残菊、晩菊」ともいわれ、寒い冬の中でも咲いている姿は「冬菊、寒菊」
そして年を越えると「枯れ菊」とさまざまな呼び名がついています。たくさんの種類、色、姿で長い時期楽しませてくれる菊は高貴でもあり
また身近でもあります。活け花としてもいくつもの流派が菊を使います、お座敷の床の間に菊一色で活けてみました。
他の部屋にもさまざまな種類の菊を活けておりますのでお座敷にお越しの際にはぜひご覧になって下さいませ。
接客係 村崎
京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.gion-endo.com/
http://www.facebook.com/gion.endo

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月14日 (木)

◆ずわいがに入荷しました◆

893902_572656212788853_173040999_o
急に寒くなり、そろそろ紅葉も色づき始めて来ました。
食材も、秋から冬のネタに変わりつつあります!
先週、カニ漁が解禁になり、ずわいがにやワカサギ、牡蠣、海老芋、金時人参、下仁田ネギなど、冬の食材も多くご用意して、皆様のお越しをお待ちしております。
 
板場:益田
京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.gion-endo.com
http://www.facebook.com/gion.endo

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月12日 (火)

◇鞍馬石◇

Img_2583
圓堂北店の露地の飛び石は「鞍馬石」を使用しております。
鞍馬石とは、京都鞍馬で産出される赤褐色の岩で、表面に浮き出てくる赤茶色の錆びに趣があると言われ、古くから多くの人々に愛されてきた京都を代表する石でございます。
特に数奇者、茶人に好まれ現在でも茶道の侘びさびの世界には欠かせないものとされています。
昔の庭では貴重で高価なこの鞍馬石を使うことが誇りとされていたようで、訪れるお客様に対しても「心よりのおもてなし」を意味し、表現していたそうです。
現在でも人気が高く、日本の庭園作りには欠かせない石で、年月を経ることで趣となる「錆が湧く」を「庭から金が湧く」とかけた縁起物でもあるそうです。
 
接客係 山城
京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.gion-endo.com/
http://www.facebook.com/gion.endo

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 9日 (土)

「ピエロパン」4代目当主アンドレア・ピエロパン氏来店

本日、イタリアのワイン生産者「ピエロパン PIEROPAN」の4代目当主アンドレア・ピエロパン氏が京都祇園「天ぷら八坂圓堂」へご来店されました。

以前来日された際に、お父上と御一緒に来られ大変気に入られたらしく、今回も急な予定ではありましたが、訪れて下さいました。
Img_2579re_2
弊店ではイタリアの固有品種であるガルガネガとトレッビアーノを主体とした「Pieropan Soave Classico」を常時取り扱っております。また、Wine & Bar 「宮川町 近江栄」ではピエロパンが造る魅惑的な香りを放つアマローネ「Pieropan Amarone della Valpolicella」もご用意しております。
Img_1856re

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.gion-endo.com/
http://www.facebook.com/gion.endo

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »