« 武蔵野あんどん | トップページ | 京都・東山花灯路 »

2013年3月 4日 (月)

板場のこだわり『下駄』

下駄は日本独自の履物と言われ、古代より愛され続けている履物です。
現代において、一般的な履物ではなくなりつつありますが、私たち板前にとっては日々の履物が下駄(又は雪駄)です。
下駄での生活は、足のツボを絶えず刺激して内臓を健康にする効果があると、医学的に証明されているほど健康に良いのです。
また、真っ白な割烹着に袖を通して、下駄を履いて歩くと、心地良い足音が響き、心もシャキッとして背筋が伸びます。
Geta
圓堂にお越しいただいた際には、そんな私たちが天ぷらを揚げるピチピチという音と、下駄が鳴らすカランコロンという音を是非、耳でもお楽しみください!

板場 久武

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.gion-endo.com/

« 武蔵野あんどん | トップページ | 京都・東山花灯路 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 板場のこだわり『下駄』:

« 武蔵野あんどん | トップページ | 京都・東山花灯路 »