« お茶室 | トップページ | 舞妓さんの節分 »

2013年1月31日 (木)

「水仙」

南店、玄関に水仙(スイセン)を生けました。

日本の気候と相性が良い水仙は冬から春にかけて白や黄色の花を咲かせます。
Photo
ギリシャ神話にも登場する水仙、
ギリシャの青年ナルキッソスのお話はご存知でしょうか?
少しそのお話をいたします。

青年ナルキッソスは、美しい容姿から乙女達の心をとりこにしました。多くの人々が彼を愛しましたが、ナルキッソスは冷たい態度で決して自分から人を愛さなかったのです。これを見て怒った復讐の女神ネメシスは「人を愛せない者は自分自身を愛するがいい」と呪いをかけました。呪いをうけたナルキッソスは水面に映った自分自身に恋をし、食事も出来ずに痩せ細り、死んでしまいます。ナルキッソスが死んだあとそこには白い水仙の花が咲いていました。

というお話です。
このお話から花言葉「うぬぼれ」「自己愛」が生まれ、だからこそ水仙は水辺であたかも自分の姿を覗き込むかのようにうつむき咲いているのかもしれません。


これから暖かくなります。
水仙以外にもたくさんの草花を生けていきますので、是非見にいらしてください。

接客係:村崎
京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
www.gion-endo.com

« お茶室 | トップページ | 舞妓さんの節分 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「水仙」:

« お茶室 | トップページ | 舞妓さんの節分 »