« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月31日 (木)

「水仙」

南店、玄関に水仙(スイセン)を生けました。

日本の気候と相性が良い水仙は冬から春にかけて白や黄色の花を咲かせます。
Photo
ギリシャ神話にも登場する水仙、
ギリシャの青年ナルキッソスのお話はご存知でしょうか?
少しそのお話をいたします。

青年ナルキッソスは、美しい容姿から乙女達の心をとりこにしました。多くの人々が彼を愛しましたが、ナルキッソスは冷たい態度で決して自分から人を愛さなかったのです。これを見て怒った復讐の女神ネメシスは「人を愛せない者は自分自身を愛するがいい」と呪いをかけました。呪いをうけたナルキッソスは水面に映った自分自身に恋をし、食事も出来ずに痩せ細り、死んでしまいます。ナルキッソスが死んだあとそこには白い水仙の花が咲いていました。

というお話です。
このお話から花言葉「うぬぼれ」「自己愛」が生まれ、だからこそ水仙は水辺であたかも自分の姿を覗き込むかのようにうつむき咲いているのかもしれません。


これから暖かくなります。
水仙以外にもたくさんの草花を生けていきますので、是非見にいらしてください。

接客係:村崎
京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
www.gion-endo.com

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月25日 (金)

お茶室

「圓堂のお茶室」
Photo
天ぷら八坂圓堂にはお茶室が2宇ございます。こちらは、北店にありますお茶室です。
この小さく狭い空間には、茶道の精神「もてなしの心」が隅々に詰まっており、日本文化の美を感じる事ができます。
現存する最も小さなものは、千利休が造ったとされる、京都妙喜庵にある「待庵」という畳二畳の茶室で、利休はこうした狭小の空間に亭主と客とが直に心を通い合わせる「直心の交わり(じきしんのまじわり)」を目指したそうです。
狭くなればなるほど座る人との距離が近づき、それなりの作法が求められます。相手の息づかいも聞こえるほ...どの空間ではより精神が研ぎ澄まされ、お互いを思いやる心が一層深く生まれてくるのだと思います。
圓堂のお茶室にて心安らぐひとときをお過ごしください。
 
接客係 山城

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
www.gion-endo.com
www.facebook.com/gion.endo

| コメント (0) | トラックバック (0)

一日2回のミーティング

天ぷら八坂圓堂では、毎日2回ミーティングを行っています。
お客様をもてなす設えが終わった頃、昼営業の前に1回、夜も営業前に1回を必ず行っています。
__


これは店が強制したことではなく、従業員みんなで話し合って自主的にやろうということでやっています。
前日の反省を行わなければならない時もありますが、当日のお客様のお好みや諸注意を共有したり、板場より入荷の情報を聞いたり、時にはこうしたらいいのでは等のアイデアもたくさん出てきます。
スタッフ全員が「お客様に愛される店創り」のために一生懸命やってくれてます。
本当にありがたく有益なミィーティングとなっております。

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
www.gion-endo.com
www.facebook.com/gion.endo

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月22日 (火)

ぴあ春号

先日「ぴあ春号」の取材をしていただきました。
あまりみんなが集合することがないのでこの機会に記念写真を撮らせていただきました。
___2

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
www.gion-endo.com
www.facebook.com/gion.endo

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月16日 (水)

江戸菊


___5

江戸菊は、江戸時代に江戸(東京)で発達した古典菊です。
明治以降は皇室ゆかりの菊はたくさんの種類が生産されています。いろいろな菊を見ていると、どんどん菊の魅力が伝わってきます。

八坂圓堂 店主

京都市東山区八坂通東大路西入る小松町566
京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
075-551-1488
www.gion-endo.com
www.facebook.com/gion.endo

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月15日 (火)

早春の味「しらうお」

409763_449016975152778_432457959_n


しらうおは条鰭綱キュウリウオ目シラウオ科に分類される魚の総称です。
東アジアの汽水域周辺に生息する半透明の細長い小魚で食用にもされています。
当店では、かき揚でご用意しておりますが、ご要望では紫蘇巻きや磯辺揚げでもご用意させていただきます。
この時期から春までの、今が旬のネタになりますので是非この機会に圓堂でご賞味下さい。

板場:西村

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.gion-endo.com/
http://www.facebook.com/gion.endo

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月14日 (月)

Panachē

「Panachē」
le magazine sur le Japon
Page11

Page22


Page33_2


京都市東山区八坂通東大路西入る小松町566
京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
075-551-1488
www.gion-endo.com
www.facebook.com/gion.endo









| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月13日 (日)

圓堂のしつらえ「杉玉」

圓やかなおもてなしと、堂にいったお料理・・・「杉玉」Dsc00497blog

「杉玉」とは杉の葉を球のように束ねて酒蔵が軒先にかけるものです。
「酒林(さかばやし)」ともいい、酒蔵がその年の新酒ができたことを青々とした杉玉を掛けて知らせる風習があります。酒が熟成するとともに時が過ぎ、杉玉はだんだんと茶色になっていきます。
酒と縁の深い日本料理屋やお茶屋などでは、今でも酒蔵と同じように軒先に吊るしています。
八坂圓堂に於きましても、毎年美味しいお酒を仕入れることができ、それをお客様に喜んでいただく事ができるようにと、毎年「杉玉」を吊るします。名代の「京風天ぷら」と共に圓堂取り揃えの日本酒を是非ともお楽しみください。

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
www.gion-endo.com
www.facebook.com/gion.endo

| コメント (0) | トラックバック (1)

2013年1月10日 (木)

KYOTO VISITOR'S GUIDE (the Feb number )

-Excellent tempura in Gion-

Endo Yasaka,located in the southern part of the historical Gion district,specializes in tempura cuisine.
The restaurant's 90-year-old building was originally a traditional teahouse where geiko and maiko lived.
The interior has been maintained and is the perfect setting to experience tempura cuisine.
Yasaka Endo's classic tempura cuisine and other dishes are carefully prepared with the freshest seasonal ingredients by their experienced chef.
Tempura seasonings are simple, a pinch of salt or a special soy sause, allowing the natural taste of tempura ingredients to stand out.

Img_03451

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 8日 (火)

黄交趾の花器

553135_448608075193668_2063918478_n


交趾焼は中国南部で生産された黄色、紫、緑などの釉薬のかかった陶磁器です。
日本では、茶道具の香合として珍重されていたことから弊店ではお茶室用としてこの黄交趾の花器を使用しています。
花器以外にも、灰皿や器などに交趾焼を御用意しております。
弊店にお来しの際は、お食事と共に交趾焼の鮮やかな色合いをお楽しみくださいませ。

接客係 菖蒲

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.gion-endo.com/
http://www.facebook.com/gion.endo

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 5日 (土)

仏手柑(ブッシュカン)

73378_449404555114020_1717570580_n


仏手柑(ブッシュカン)とは、 ミカン科ミカン属の常緑低木樹でシトロンの変種です。
インド東北部原産です。
... 長楕円体で、先が指のように分かれている形を、仏陀の拳に見たてて 『仏手柑』と呼ばれています。
暖地で観賞用に栽植されています。 身が少ないので、生食には向かず、一般的に砂糖漬けなどで菓子にしたり、 乾燥させて漢方薬にしたりして利用されているそうです。
・・・という代物を、
圓堂では縁起物として、お正月床の間に飾ってあります。
トロピカルな装いで、独特な雰囲気を醸し出しています。
私は、今までこの果物の存在を知らなかったので、初見はかなり衝撃(笑撃)を受けました。
グロテスクな容貌・・・。
知らないことというのは、まだまだ沢山あると思います。
新たな発見をこれから少しずつでもして行きたいと思っています。

接客係     妹尾

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.gion-endou.com/
http://www.facebook.com/gion.endou

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 1日 (火)

賀正 平成25年元旦

Yasaka_gashou_fb


昨年はたくさんのお客様にお越しいただき、誠にありがとうございました。
新年度も、従業員一同でお客様に愛される店になるよう頑張って参る所存ですので、何卒ご愛顧を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.gion-endo.com/
http://www.facebook.com/gion.endo

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »