« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月27日 (金)

JA京都/旬の京野菜提供認定店

「旬の京野菜提供店」とは「京野菜」のおいしさ、すばらしさを多くの方に親しんでいただくことを目的に平成10年にスタートされたものです。

認定に当たっては下記ような大変厳しい条件がありました。

■JA京都/(社)京のふるさと産品協会が指定する府内産の旬の京野菜を常時使用し、それらを使用する料理を常時提供している。

■使用する京野菜は、市場、産地直送、自家栽培など確実な仕入れルートを通じている。

■京野菜のイメージアップにつながるお店である。

■業種別の環境衛生同業組合等に加入して食品衛生の向上に努めている。

■学識経験者、料理専門家、流通団体などの専門家によって、厳正に審査して認定される。

Img_01_2

天ぷら八坂圓堂はこのような条件をクリアし、「旬の京野菜提供店」に認定されています。

認定店の目印として看板を掲げておりますので、天ぷら八坂圓堂へお越しの際は是非探してみてください。

文化の中心として栄えてきた京都。その中で宮廷料理や精進料理、おばんざいなど豊かな食文化の発達とともに、味わい深い野菜が栽培されてきました。

古来からの品種の良さを受け継いでいるため、栄養価が一般の品種を上回るものが多く、とてもヘルシーで安心してお召し上がりいただけます。

風薫るこの季節…、旬の京野菜の味わいを生かした圓堂名代の京風天ぷらを是非ともご賞味ください。

Img_02

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
www.gion-endo.com
www.facebook.com/gion.endo

JA京都/(社)京のふるさと産品協会

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月23日 (月)

核廃絶を願った明治の俳画家「奥田雀草」

今月1日に圓堂南店として開店致しました、別館「門久」のお座敷に飾って居ります掛け軸「奥田雀草(おくだじゃくそう)若燕」でございます。

「若巣燕 ふと情熱の もえ立つ あり」

__

俳画家・奥田雀草を、誰もが「雀草さん」と呼び親しんでいました。
ひげを蓄えた口元とメガネ越しの目は、いつも柔和に微笑んでいたそうです。
人を見る時、ひょいとメガネを額の上に引き上げ、顔を近づけるようにして、「お元気でしたか?」と確かめる。
そんな親しみ深さとともに、小柄で飄々とした風貌にピッタリの俳画の数々は多くの人びとに愛されました。

戦前から秋田雨雀など、文化人との親交が厚かった雀草さんの何よりの功績は、32歳で出身地・兵庫県に須磨俳句学校を創設。
戦後、俳誌「高原」を主宰し、形式主義に陥りがちだった俳句を現代語表現で再生することに努力し、俳句を誰にも馴染みやすいものにしたことです。

微笑ましく思わず笑いに誘われるものもあります。
こんな雀草さんの独特の作風を、日本画家の小野竹喬さんは「長い俳句道の蓄積が俳画にもおのずとにじみ出て、人を微笑ましくするものがある」と評しました。

雀草さんは、また、平和を強く愛しました。
核廃絶を願って毎年ひらいている「原爆忌全国俳句大会」は、発起人の一人です。
平和を愛する句は、親しみやすさの中にも力強さがみなぎり、俳句を通してあらゆる不正義に挑戦しつづけた生き方が偉いと思います。

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
www.gion-endo.com
www.facebook.com/gion.endo

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月16日 (月)

春の一品

季節の贅を衣に着せて…「筍」

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」では春の天ぷらの一つに竹の子が人気ですが、勿論他の一品料理でもお出ししております。天ぷら八坂圓堂で使用する竹の子は1月~2月位は輸入で対応、2月~3月位は鹿児島や徳島県産、そして3月中旬からはいよいよ京都塚原産の筍を使用して参ります。

■筍木の芽焼きDsc_0085kinome
■筍や春山菜と甘鯛の煮物Dsc_0111nimono

竹かんむりにに旬と書いて、「筍」はまさに京都の春を代表する旬の味です。是非とも京都祇園「天ぷら八坂圓堂」の「筍の天ぷら」はじめ「旬の筍料理」をお楽しみください。甘み、柔らかさ、歯ざわりが格別です。天ぷらコースのお凌ぎやお箸休め代わりとしてもお薦めしております。

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
www.gion-endo.com
www.facebook.com/gion.endo

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月15日 (日)

英国王室を魅了した「ロイヤル ハウスホールド」

今月より、気品漂う味わいが特徴の「ロイヤル ハウスホールド」をご用意しております。

「ロイヤル ハウスホールド」は1897年に時の英国皇太子の命によって誕生し、皇太子が国王エドワード7世になり国王御用達の称号を得た特別なスコッチです。

昭和天皇が皇太子時代に英国王室を訪問した際、両国の友好の証として英国王室から授かったのが「ロイヤル ハウスホールド」であると言われています。

その後、英国王室の特別の配慮により、英国以外では日本でのみ飲むことが許されています。

繊細で華やかな香り、そして滑らかで気品漂う味わいを是非とも「八坂圓堂」名代の京風天ぷらでお楽しみください。

Img_01

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
www.gion-endo.com
www.facebook.com/gion.endo

MHD - Moët Hennessy Diageo

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 6日 (金)

八坂圓堂の新館「門久 Kadokyu」開店のご挨拶

01_2

昨年の11月より増床工事中でした八坂圓堂の新館「門久 Kadokyu」が先日4月1日より開店いたしました。
従来の圓堂本館の部屋数に新たな趣の7部屋を加えて部屋数は15部屋でお客様をお迎えすることができるようになりました。


増床に伴い従業員・スタッフ一同新たな気持ちで、更なる精進をして参りますので、どうかこれまで同様「八坂圓堂」をご贔屓賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

Blog_02_2

◆椅子カウンター席:1室

◆座敷カウンター席:2室

◆お茶室:2庵

◆お座敷:4部屋

◆和室テーブル席:3部屋

◆洋室テーブル席:1部屋

◆ご宴席:1部屋

◆離れ特別室:1棟

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
www.gion-endo.com
www.facebook.com/gion.endo


| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »