« 「琵琶湖の本もろこ」 | トップページ | Kyoto Restaurant Guidebook(A selection of Kyoto's best restaurants) »

2012年2月26日 (日)

圓堂のしつらえ「神坂雪佳」

お客様に寛いで天ぷらが楽しめるとご好評を頂いている圓堂別棟「はなれ」に飾って居ります木版画「神坂雪佳(かみさかせっか)里桜」でございます。

Img_20591

京都に生まれの光悦光琳派の画家なのですが、何といっても神坂雪佳が興味深いのは、36歳の若さでヨーロッパを巡り、
このとき改めて欧州における日本の装飾芸術の大きさを知り、改めて光琳派をはじめとする日本のデザインの優れた伝統に目覚めたところです。
まさに京琳派のルネサンスではないでしょうか。
ですから雪佳の版本作品は、“雪佳スタイル”と云われ、日本の伝統的な図様やモチーフを元にしながらも、
彼独特な朗らかで明快でユニークな雪佳の作品は、近代琳派としての評価を受けるとともに国内外を問わず多くの人々に親しまれています。
私は常々、「京都人」というのは伝統を守りつつ、そこに新しいモノやコトを取入れたりする抜群のセンスといったようなものを感じるのですが、
神坂雪佳はそういった意を持つ先駆者ではなかったのでしょうか…。

◆神坂雪佳(かみさかせっか1866-1942)

京都生まれの琳派の継承&近代デザインの先駆者。本名:吉隆(よしたか)
四条派の鈴木瑞彦に師事するが、のちに岸光景に入門する。光悦光琳派の画家であり、絵画や図案制作で受賞を重ね実績を積む。
36歳でグラスゴー万国博覧会視察のために渡欧し、欧州各国の工芸図案を調査する。
帰国後、佳美会を設立し京都の工芸家と図案研究を始める。また光悦会発足の発起人となり琳派・光悦の功績の顕彰活動に力を尽くした。

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
www.gion-endo.com
www.facebook.com/gion.endo

« 「琵琶湖の本もろこ」 | トップページ | Kyoto Restaurant Guidebook(A selection of Kyoto's best restaurants) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185813/54072595

この記事へのトラックバック一覧です: 圓堂のしつらえ「神坂雪佳」:

» ケノーベルからリンクのご案内(2012/02/26 08:47) [ケノーベル エージェント]
京都市東山区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2012年2月26日 (日) 08時47分

« 「琵琶湖の本もろこ」 | トップページ | Kyoto Restaurant Guidebook(A selection of Kyoto's best restaurants) »