« 賀 正 | トップページ | 一足はやく早春の香りを。 »

2012年2月 1日 (水)

「京都の竹の子のお話」

季節のを衣に着せて… 竹の子のお話

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」では春の天ぷらの一つに竹の子が人気です。天ぷら八坂圓堂で使用する竹の子は1月~2月位は輸入で対応、2月~3月位は鹿児島や徳島県産、そして3月中旬からはいよいよ京都塚原産の筍を使用して参ります。Dsc003011

京都における筍の産地は山城や洛西、亀岡や福知山などで其々個々の特徴を有しております。そんな中でも洛西塚原産の筍は、80年程前から竹の子の生産が盛んに行われてきており、温泉も出る洛西は火山帯の上質な酸性粘土層の土壌です。この土は粘土質純度が高い事から空気が入らず適度な水分が保たれ、保湿性が高く少し白い竹の子になります。そのためアクが少なく、採れたては刺身としても食べることができる程です。ですから京都祇園「天ぷら八坂圓堂」でも地元産の筍を使用する時期はあえてアク抜きはできるだけしないか、しても最小限に留めておきます。

竹かんむりにに旬と書いて、「筍」はまさに京都の春を代表する旬の味です。是非とも京都祇園「天ぷら八坂圓堂」の「筍の天ぷら」をお楽しみください。甘み、柔らかさ、歯ざわりが格別です。

京都市東山区八坂通東大路西入ル小松町566

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」

075-551-1488

www.gion-endo.com

« 賀 正 | トップページ | 一足はやく早春の香りを。 »

コメント

先日のご来店誠にありがとうございました。
京都の街はもうすぐ春…
春風胎動の風ととともに山菜や京野菜が美味しくなる季節でございます。
またのお越しを、従業員一同お待ち申し上げます。

投稿: | 2012年2月19日 (日) 09時07分

この間は、大変美味しい天ぷらを有難うございました。来月の中旬に又行かせていただきます。

投稿: 萩原 | 2012年2月14日 (火) 21時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「京都の竹の子のお話」:

« 賀 正 | トップページ | 一足はやく早春の香りを。 »