« 「京都非公開文化財/特別公開」 | トップページ | 読売テレビ「にけつッ!!」 »

2011年10月27日 (木)

東山参道「高台寺」

Photo_3

豊臣秀吉の正室・北政所ねねが秀吉の菩提を弔うために開創した寺で、正式名称は高大寿聖禅寺と言います。その後三江和尚を開山として迎え高台寺と号しました。造営に際して、徳川家康は当時の政治的配慮から多大の財政援助を行ったため、高台寺は荘厳を極めたと言います。
しかし以後は度重なる火災によって、多くの堂宇を失い、現在残っているのは、開山堂と霊屋、茶室の傘亭・時雨亭、表門、観月台等で、それらは国の重要文化財に指定され、桃山時代の華麗な面影を伝えています。
中でも霊屋の須弥壇た厨子に描かれた高台寺蒔絵は、非常に彩りよく華やかで美しいものです。

※拝観時間9:00~17:00まで(夜間拝観期間は21:30まで)

« 「京都非公開文化財/特別公開」 | トップページ | 読売テレビ「にけつッ!!」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東山参道「高台寺」:

« 「京都非公開文化財/特別公開」 | トップページ | 読売テレビ「にけつッ!!」 »