2017年8月21日 (月)

◆ 圓堂歳時記 ◆

時折駆ける風に秋の気配を感じるこの頃。
この夏の思い出をひとつひとつ空へ描いておりました。
夏の象徴「花火」をテーマに一瓶を仕上げております。
移りゆく季節に心躍らせ。

主な花材:主な花材:山牛蒡、向日葵、シャロン、竜胆

2

3

担当 畑

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月18日 (金)

おもてなし - お出迎え -

本日もお越しくださるお客様を心待ちに、弊店前の八坂通りにてお出迎えしております。
笑顔で気持ちよくお席までご案内をいたします。
当日でもお席のご用意が可能な場合もございますので、何なりとお声掛けください。

この夏、お気に入りの「紗の博多献上帯」、帯柄には「子孫繁栄」「家内安全」の願いが込められた縁起の良いものです。
お越しくださるお客様のご多幸を願っております。

1

担当 堂本

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月14日 (月)

◆ 圓堂歳時記 ◆

来る8月16日「五山送り火」を迎えると、夏も過ぎゆき、いよいよ秋でございます。
御先祖様への感謝を、そしてここにある命を大切に、本日も心を込めて。
お越しいただく皆様のご多幸を陰乍らお祈り申し上げます。

掛軸:「大文字」 石井 石
主な花材:為朝百合、姫檜扇の実、鬼ハゼ

5

担当 畑

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月11日 (金)

- 松茸 -

秋の香りを代表する「松茸」を、圓堂では天ぷらと土瓶蒸しにて御用意しております。
薄衣にやさしく包まれ、香りを抱きかかえた天ぷらは、口に含んだ瞬間から旨みが溢れ出します。脂ののった鱧と松茸を合せた土瓶蒸しは、天ぷらとはまた異なる芳醇な香りに酔いしれます。
旬の食材を味わう、贅沢なひと時をお過ごしくださいませ。

2
担当 豊田

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 7日 (月)

◆ 圓堂歳時記 ◆

崖を流れ落ちる滝の麓に、紅葉し真っ赤に染まる七竈。
ハッと心揺さぶる瞬間を捉え、一瓶を生けあげました。
静の中にある動、秋の風を感じていただけましたら幸いです。

掛軸:「瀧」 堀内 宗心
主な花材:七竈(ナナカマド)、牡丹唐松(ボタンカラマツ)、縞蒲(シマガマ)

1

担当 畑

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 4日 (金)

圓堂名代揚げ - とうもろこし -

本日8月4日の誕生花は「とうもろこし」でございます。
花言葉は「豊富」「財宝」とあり、ぎっしりと並ぶ黄金色の実がその由縁だそう。
蒸すことで甘味を増したとうもろこしは、天ぷらにするとより一層と甘味を増します。
こちらは弊店の名代揚げとして自慢の一品でございます。
素材本来の旨みを最大限お楽しみいただくため、ぜひお塩でお召し上がりください。

2

担当 寺田

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto/
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月31日 (月)

◆ 圓堂歳時記 ◆

本日10時より行われる「八坂神社 疫神社夏越祭」が祇園祭の最終行事でございます。
蘇民将来を祭る「疫神社」の鳥居に大茅輪を設け、参拝者はこれをくぐって厄気を祓い「蘇民将来之子孫也」の護符を授かります。
なんとも名残惜しく、来年の祇園祭が既に待ち遠しいですね。

掛軸:「祇園祭之夕」 小原 祥邨
花材:檜扇

2

担当 畑

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月28日 (金)

- えんどう豆のコロッケ -

ご愛顧いただいておりました「えんどう豆のコロッケ」は、さらに改良を加え、より魅力ある一品に生まれ変わりました。
丁寧に裏ごしをした豆餡と刻んだ海老をスナップエンドウの鞘へ包み込みました。
「サクッ」「パリッ」「とろっ」と、三重奏が口一杯に広がり、食感にも楽しく、より奥行きを感じていただけます。
弊店こだわりの“抹茶塩”と相性抜群で、えんどう豆本来の甘みと風味をグンと引き立てます。

1

担当 喜田

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月24日 (月)

◆ 圓堂歳時記 ◆

真っ青に澄み渡る空と大きな入道雲、夏がやってまいりました。
向日葵は太陽を追いかけるようにグングンと成長いたします。
風に揺れる姿は微笑んでいるようです。
さて、もうすぐ夏休みやお盆などのお休みですが、皆さまはいかがお過ごしのご予定でしょうか。
京都祇園界隈へお越しの際は、ぜひお立ち寄りくださいませ。
向日葵のように元気なスタッフが、本日もお客様のお越しを心よりお待ち申し上げます。

掛軸:「蓮に翡翠」 西村 五雲
主な花材:向日葵、土佐水木、紫陽花、紅花

2

担当 畑

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月21日 (金)

宮川町 夏祭りビアガーデン

宮川町「夏祭りビアガーデン🍺
今日の料理担当は八坂圓堂です。
なんとか間に合いました。
今からお届けに参ります、本日お越しの皆さま、八坂圓堂渾身の宮川弁当をお楽しみ下さい。

2

八坂圓堂
店主 拝

| コメント (0) | トラックバック (0)

- 天ぷらの日 -

二十四節気のひとつ、7月23日前後は「大夏(たいしょ)」でございます。
1年の中でもっとも厳しい暑さの頃を指します。
毎月23日は「天ぷらの日」で、7月23日は「夏バテ防止の食べ物記念日」とされております。
弊店で栄養たっぷりの天ぷらをご堪能いただき、これからの夏を元気にお過ごしください。

1

担当 藤原

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月17日 (月)

◆ 圓堂歳時記 ◆

まもなく梅雨も明け、夏本番といったところでしょうか。
祇園祭も最高潮をむかえ、京都はすでに真夏のような活気でございます。
カラッとサクッと揚げたての天ぷらに、キリッと冷えたお酒…。和やかなひと時をつまみにお楽しみ下さい。
掛軸:「燕」 奥田 雀草
主な花材:姫檜扇

1
担当 畑

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月14日 (金)

季節の一品

- 水茄子と京茗荷のあっさり和え -
大きく発達した入道雲が夏の訪れを知らせ、一段と暑さ厳しくなってまいりました。
水茄子の瑞々しさに京茗荷のシャキッとした食感。
この時期にぴったりの一品に仕上がっております。
カラッと揚がった天ぷらのお箸休めにいかがでしょうか。

11

担当 小松

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月10日 (月)

◆ 圓堂歳時記 ◆

京都の7月は、祇園祭なくして語ることができません。
この時期になると京都独特の風習で、植物の檜扇(ヒオウギ)を玄関先などへ飾ります。
扇状の葉を持つことから、宮中で用いられた木製の扇(檜扇)にちなみ「檜扇」と名付けられました。
昔々、木製の檜扇で悪霊退散していたことより、厄除けの花として飾られるようになったとか。
弊店も期間中は檜扇や飾りをあしらい、あちらこちらで祇園祭を感じていただけるよう仕掛けしております。

掛軸:「祇園祭之夕」 小原 祥邨
花材:檜扇

2

担当 畑

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 7日 (金)

- 七夕 -

本日、7月7日は五節句のひとつ「七夕」でございます。
七夕といえば短冊に願いごとをしたため、笹へ結びます。
空を仰げば、天の川を隔て年に一度だけ逢うことを許された織姫と彦星。
現世では、お互いの気持ちひとつで逢うことが叶います。
限りある時間を大切な方とお過ごしください。
お客様のお越しを心よりお待ち申し上げます。

2

担当 井ノ口

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto/
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 4日 (火)

~近江榮~

昭和6年の都をどり番付が出てきました!
往年の「近江榮」も載ってました。
なんと電話番号は… "祇園六の一○一四"
ご笑覧ください^_^

2

圓堂・近江榮
店主拝
www.endo.kyoto

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 3日 (月)

◆ 圓堂歳時記 ◆

白く優雅に美しい、無垢な花咲く大山蓮華。
通称「天女花」と呼ばれ、香りも華やかでございます。
その姿からお茶花として古くより珍重され、千利休もこの花を愛し「利休七選花」にも選ばれております。
儚げないのちの輝きに魅了され続けてきたのだと、花を通して感じます。
先人から教わった技術と精神をもとに、いのちを最大限に活かせるよう日々鍛錬でございます。
お席をともにさせていただく花たちと、お客様のお越しを心よりお待ち申し上げます。

主な花材:灯台躑躅、姫リョウブ(コバノズイナ)、大山蓮華、かすみ草

3

担当 畑

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月30日 (金)

- 岩牡蠣 -

岩牡蠣は、別名「夏牡蠣」とも呼ばれ、夏に旬をむかえるます。
また「海のミルク」とも呼ばれ、夏バテ予防にも最適です。
栄養価が高く、冬の牡蠣よりも身が大きく、ふっくらしています。
天ぷらにすると、旨味が一層凝縮し濃厚な甘みと独特の渋みが口いっぱいに広がります。
しっかり冷えた白ワインや日本酒と合わせてお楽しみください。

4

担当 金子

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月27日 (火)

- おすすめの白ワイン -

ドメーヌ エティエンヌ ドールニー / サンセール ブラン 2015
Domaine Etienne Daulny / Sancerre Blanc 2015
山深いショードネイの地で数世紀にわたって葡萄造りを行う小さな蔵元。レモンやグレープフルーツ、パイナップルの香りが華やかに広がります。キレ良い酸味と完熟したソーヴィニヨンブラン。
ふくよかな果実味でバランスよく、石灰岩由来の強靭なミネラルが心地よい余韻を残します。

2

担当 山越
京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月26日 (月)

◆ 圓堂歳時記 ◆

中国から渡来した花で、日本では400年も以前から愛され、英国ではつる性植物の女王として親しまれているようです。
つる性植物は、釣り花や掛け花が姿としては自然で、鉄線の個性が映えます。
この時期であれば、籠との相性もよく数少なく生けても、風情がでて涼し気に感じられます。
主な花材:鉄線

1

担当 畑
京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月23日 (金)

夏 - 装い -

弊店での6月は、着物・暖簾・座布団・折敷などを夏の装いへと衣替えいたします。
仲居の着物は単衣、帯は絽や紗などで透け感があり、見た目にも涼しくなりました。
玄関などの暖簾や座敷の座布団は麻の生地に、お食事の折敷はすだれを使用したものに替り、夏も本番といったところです。
少しでもホっと涼んでいただけますよう、おもてなし。
夏仕様の弊店にてお客様のお越しを心よりお待ち申し上げます。

1

担当 河田

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月19日 (月)

◆ 圓堂歳時記 ◆

今年も紫陽花の花咲く梅雨の季節がやってまいりました。
季節はあっという間で、つい先日桜を見て春が来たなと感じていたところでございます。
お寺・神社の境内や庭園など、京都各所に名所がございますので、ぜひとも足をお運びくださいませ。

主な花材:紫陽花、姫リョウブ

3

担当 畑

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月16日 (金)

京の夏 - 鱧 -

京都に夏を告げる「祇園祭」まであと僅かです。
昔から祇園祭といえば「鱧」と結びつくくらいに、京都では重宝されていたお魚です。
梅雨の雨を飲んで美味しくなると言われており、梅雨明けの7月には脂が乗りはじめ旬をむかえます。
ふわっと口でほどけるような柔らかい天ぷらや、さっぱりと納涼「鱧落とし」など。
丁寧に骨きりした職人の技をご堪能いただけます。

1

2

担当 秦

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月12日 (月)

◆ 圓堂歳時記 ◆

『立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花』の言葉があるように、昔の人は上手に例えたとつくづく感じます。
美しい立ち姿、座り姿、歩き姿、仕草を形容することで、よりイメージのしやすい目標としていたのかもしれません。蕾からは想像できないほど大きく広がる姿は、誠に見事でございます。
主な花材:芍薬、姫リョウブ、紅花

6
担当 畑

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 9日 (金)

水無月 - 夏越の大祓 -

1年の折り返し、6月の晦日に行われる「夏越の大祓」。
これは、半年間に溜まった厄を茅の輪をくぐり祓い、残りの半年を無事に過ごせるよう祈願する行事です。弊店界隈では八坂神社、恵美須神社、安井金比羅宮で行われております。
圓堂でも6月は先附の養老豆腐を水無月の形にし、召し上がっていただいております。気分も晴れ晴れと、半年の良いスタートを弊店にてお過ごしくださいませ。

5

担当 大塚
京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 5日 (月)

◆ 圓堂歳時記 ◆

艶があり、しっとりとしてシルクのような質感のラナンキュラス。
紫陽花によく似ているけれども、アジサイ科ではなくスイカズラ科のスノーボール。
新緑が瑞々しく、秋には鮮やかな紅葉を魅せるナナカマド。
植物それぞれの個性と表情、取り合わせでの化学反応、一期一会の出会いにいつも魅了されます。

主な花材:七竈(ナナカマド)、スノーボール、ラナンキュラス

1

担当 畑

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 2日 (金)

初夏の便り - 小鮎 -

琵琶湖産で湖魚中の湖魚「小鮎(こあゆ)」を弊店では提供しております。
成魚でも10cm以下と大きくならず、稚鮎とは異なり世界で唯一「小鮎」と呼ばれる琵琶湖のみに生息する鮎です。
その味わいは上品でくせがなく淡白、骨や皮がやわらかく、食感に優れ、季節の移り変わりを五感でご堪能いただけます。

4

担当 小澤

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月30日 (火)

天ぷら圓堂 塀板

「圓堂」塀板の確保に奈良吉野へ行って参りました。圓堂の塀は杉板を"疼くり"加工して杉の柾目木地の質感や美しさを際立てる為に、硬い木目を浮き立たせた"うずくり"仕上げになってます。
しかし近年その木材が少なくなり、日頃から圓堂建物を保守してもらっている工務店や銘木店さんと奈良吉野へ行き、取替え材木を見立ててもらいました。
次回15年後は材木や職人さんがいるのか心配です…
秋までには新しい塀板に取替えが完了します。

3

八坂圓堂店主 拝

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月29日 (月)

◆ 圓堂歳時記 ◆

水辺の涼しい風をイメージし一瓶を生けました。白い花をつける利休梅は、楚々とした姿で茶花として愛されてきたそうです。淡い色調の中に、爽やかさと趣を感じさせます。
主な花材:利休梅、菖蒲

2

担当 畑
京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月26日 (金)

お土産 - 圓堂謹製「天結び」おせん -

圓堂名代の京風天ぷらのかき揚げと厳選した車海老の天ぷらをお持帰りいただきやすいお煎餅へ仕立てました。
京野菜をふんだんに使用したかき揚げをモチーフに、素材の味を丁寧に再現した「天ぷらおせん」。
丸々一匹の車海老を使用した贅沢で香ばしい香りの「姿焼きおせん」。
贈り物におすすめの化粧箱入りお煎餅詰め合わせ「双圓セット(2種を各10枚)」と、ちょっとしたお土産などに小袋(8枚入)お煎餅各種。
お祝いや贈呈用のほか、ご自宅用にもご好評をいただいております。

1

担当 土本

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月21日 (日)

恵美須神社神幸祭「神輿渡御」

本日、よく晴れた日曜日に恵美須神社の神幸祭が行われました。「天ぷら八坂圓堂」の在る小松町も恵美須神社様の氏子町に当たり、弊店の前でも神輿が高らかに3回担ぎ上げられ八坂圓堂の商売繁盛を祈っていただきました。

3

4

5

6

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月19日 (金)

珍味の天ぷら- 干し子 -

なまこの卵巣を塩漬けし贅沢にも何枚も連ねて紐に掛けて三角形状に干したもので、日本を代表する珍味のひとつです。
名称は干し子、ばち子、くち子、この子など地域によって様々です。
弊店ではこちらを贅沢に天ぷらへ仕立てます。
特別天ぷら会席「東山」の献立に含まれ、お追加でもお召し上がりいただけます。
磯の香りが素晴らしく、日本酒と相性もよく、癖になる逸品です。

2
担当 今井
京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月15日 (月)

◆ 圓堂歳時記 ◆

仁和寺、平等院、城南宮、三室戸寺、長岡天満宮など、京都各所で今年も躑躅(つつじ)の花が咲きました。
蹴上などの北部では、まだまだ楽しめる場所はあるようです。
雨上がり、晴天のもとに咲く躑躅の花、あまりの美しさに感動したことを思い出します。

主な花材:紅霧躑躅、スノーボール、かすみ草、山躑躅、グラジオラス、サマーシクラメン]

6

7

担当 畑

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月12日 (金)

おもてなし - 母の日 -

今年の母の日は5月14日です。お母様へ日頃の感謝の想いを込めた贈り物と併せて、圓堂でのお食事はいかがでしょう。
事前にお知らせくださいましたら、ささやかではございますがメッセージカードをお席に添えさせていただきます。
お祝いの席などのサプライズも可能な限りお手伝いいたしますので、何なりとお申し付けくださいませ。

5
担当 岩邉
京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 8日 (月)

◆ 圓堂歳時記 ◆

冬からようやく春をむかえ、芽吹きはじめた山躑躅。青々と茂った緑の葉が初夏を感じせる灯台躑躅。
この時期はいろいろな躑躅が咲き、真っ青な空とのコントラストを楽しめます。
今回はまだ冬の名残を感じさせる山躑躅と、初夏を知らせる灯台躑躅の二種類をご紹介いたしました。
主な花材:山躑躅、灯台躑躅、イエロースティック、芍薬、アリアムリーキ

3

4
担当 畑

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 6日 (土)

鴨川をどり

5月1日より先斗町にて新緑の京都を艶やかに彩る「鴨川をどり」が開催されています。
圓堂でもご贔屓筋が芸妓舞妓さんへ送る「楽屋見舞い」の仰せがあり、その日は調理場では早朝から「天むす」「天ちらし」「天巻き」の調製で大忙しになります。

※お土産やご進物等のご用命があればお気軽にお尋ね下さい、お客様のお好みに調製も致します。
※天ぷら圓堂「お土産」
http://www.gion-endo.com/menu_souvenir.html

2

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 5日 (金)

京野菜 - 夏 -

初夏から盛夏を感じさせる瑞々しい京野菜が早くも入荷いたしました。
今回は「伏見とうがらし」「万願寺とうがらし」「賀茂なす」のご紹介です。
伏見とうがらしは辛みがない唐辛子で、別名「伏見甘(ふしみあま)」とも呼ばれます。
万願寺とうがらしは、肉厚で甘さと深い味わいが特徴的な唐辛子の王様です。
賀茂なすは肉質が緻密で柔らかく、口の中でほろほろととろけるような食感です。
どれも油との相性が抜群で、コース料理のアクセントになっています。

1

担当 甲斐

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 1日 (月)

◆ 圓堂歳時記 ◆

本日より先斗町歌舞会主催「鴨川をどり」が開催されます。
舞妓さんのお飾りも藤や菖蒲に変わる頃でしょうか。
路地では躑躅や藤が咲きはじめ、水辺では菖蒲が涼しげで、陽気な天候の京都は街ぶらに最適です。
鴨川沿いをゆらゆら散策がてら、弊店へもお越しくださいませ。

掛軸:「粽」 堂本 印象
主な花材:菖蒲

1

担当 畑

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月28日 (金)

- 天ぷら圓堂 岡ざき邸 -

姉妹店の天ぷら圓堂岡ざき邸を開店致し一年を迎えることができました。これもひとえに皆様の平素よりのご愛顧の賜物と心より御礼申し上げます。
お一人様から40名様程の集い天ぷらまで、用途や好みに合わせた御席のご用意を大変好評を戴いております。
どうか今後とも、圓堂岡ざき邸と名代天ぷらをご贔屓頂きます様、お願い申し上げます。

圓堂店主 拝

1

岡崎邸 http://www.okazaki-endo.com
京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月24日 (月)

◆ 圓堂歳時記 ◆

新芽の芽吹きに、いのちの力強さを感じて。
さて、年が明けてから早いもので、もうすぐ五月を迎えようとしています。
GWはどのようにお過ごしでしょうか。
「天結び」や「天ちらし」など、行楽にぴったりのお土産をご用意しております。事前にお電話いただきましたら、ご予定に合わせ調製致します。
行楽のお供にご利用ください。

主な花材:山梨(ヤマナシ)、百合

1

2
担当 畑

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月21日 (金)

-結 yui -

春色が美しく爽快感溢れる官能的なロゼワイン。
三種の黒葡萄が醸し出す自然の息吹。
豊かな果実味と華やかなアロマの魅力的なロゼワイン。
清々しく透明感のあるドライな味わいが、来る初夏を連想させます。
天ぷらとのマリアアージュをお楽しみくださいませ。

5

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月17日 (月)

◆ 圓堂歳時記 ◆

弊店近くの鴨川沿いは毎年見事に桜並木となります。
例年通り、今年もとても美しい桜でございました。
咲いたと思えば、ひらひらと舞い散る桜。
もうすぐ見頃を終える桜を惜しんで。

3

4

担当 畑

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月14日 (金)

- 綿実油 -

弊店は、こだわり抜いた最高級の綿実油(めんじつゆ)を使用しております。
綿実油には上品なコクがあり、揚げ油では軽やかな食感をもたらします。
それに加え、疲労回復効果やアンチエイジング効果、生活習慣病のリスク軽減などの様々な効果が期待できます。
職人が心を込め揚げる天ぷらとともに特別なひと時をご堪能くださいませ。

1

2

担当 寺田

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月10日 (月)

- おすすめの白ワイン -

メゾン アンリ ボワイヨ / ブルゴーニュ・ブラン 2013
Maison Henri Boillot / Bourgogne Blanc 2013
妥協を許さず、完璧主義で知られるアンリ・ボワイヨ氏。
丹精込めて造り込まれた白ワインは、ACブルゴーニュと言えども高いクオリティーを誇ります。
使われる葡萄の半分にサン・ロマンやペルナンなど、コートドボーヌの村名を名乗れるクラスのものを投下し、収量も低く抑えています。
色調は輝きのあるレモンイエローで、柑橘系果実や樽熟成由来のバニラの華やかな香りが感じられます。
厚みのある味わいの中にエレガントな酸味があり、余韻には美しいミネラルを楽しめます。

1

担当 山越

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 7日 (金)

- 本諸子 -

滋賀県琵琶湖の固有種であり特産魚の本諸子(ほんもろこ)。
三月から七月頃までの間は子持ちが多く、弊店では天然の子持ち本諸子を焼きものや天ぷらでお召し上がりいただけます。
クセがなく淡白、独特の風味とほろ苦さでとても繊細な味わいです。

1

担当 宇都宮

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 3日 (月)

◆ 圓堂歳時記 ◆

弊店姉妹店の天ぷら圓堂「岡崎邸」付近は春は桜、秋は紅葉と行楽に最適です。
「平安神宮」や「知恩院」「南禅寺」などの寺社仏閣、美術館やコンサートホールと、まさに芸術界隈でございます。
ぽかぽか陽気で外歩きがとても気持ちがよいこの頃、お近くへお越しの際はぜひお立ち寄りくださいませ。
夜のライトアップもなかなかの見ごたえでございます。

1

担当 畑

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月31日 (金)

- お庭を眺めながらのカウンター席 -

八坂本店の西へ50m、建仁寺の勅使門前に「天ぷら圓堂 八坂西邸」を開店し、早三ヶ月。
店主の思いを凝縮した、お庭を眺めながらのカウンター席は、大変ご好評をいただいております。
昼はやわらかな光が差し込み開放的に、夜はライトアップしており情緒的な空間のなか、ゆったりとした時間が流れます。
桜の花もあちらこちらで咲きはじめ、祇園や東山界隈にお越しの際は、どうぞお立ち寄りくださいませ。

3

担当 藤崎

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月27日 (月)

◆ 圓堂歳時記 ◆

今年もいよいよ芸舞華やぐ舞台が開催される季節がやってまいりました。
祇園甲部「都をどり」、宮川町「京おどり」、上七軒「北野をどり」と京都各地が賑わいます。
華やかな舞台で可憐に魅せる芸舞妓に、今から気持ちの高鳴りを隠せません。

掛軸:「活人剣」
主な花材:啓翁桜

1

担当 畑

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月24日 (金)

- 漉油(コシアブラ) -

タラの芽やウドと同じウコギ科の木の芽部分を山菜として採取したものを漉油と呼びます。
その名の由来は、木の樹脂を絞り、濾したものを漆のように塗料として使用していたからだそうです。
「山菜の女王」とも称され、しっかりとしたコクがあり、香りと苦みは上品です。
油との相性がとてもよく、一度食べると癖になる山菜です。
「これぞ山菜の天ぷら」と俄かに話題の漉油を、弊店でお試しください。

1

担当 荒木

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月20日 (月)

- おすすめの赤ワイン -

シャトー酒折 / マスカットベリーA キュヴェイケガワ 2013
Chateau Sakaori Winery / Muscat Bailey A Cuvee Ikegawa 2013
栽培家の池川仁氏がシャトー酒折のベリーA種のワイン造りに共鳴し、醸造家の井島正義氏とともに造り上げた渾身のワインです。
収穫時期を遅らせて、完熟した葡萄を使用し、ベリーA種の概念を覆す仕上がりです。
色調はオレンジがかったルビー色でストロベリーの香りとボリューム感のある赤系果実の味わいで、樽由来の香味がバランスよく調和した温かみのあるエレガントな赤ワインです。

2

担当 山越

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月17日 (金)

おもてなし - 箸まめ -

季節に合わせ、お部屋のお軸や器などのしつらえを替えております。
三月といえば桃ですが、季節を先取りし「桜」の箸まめをご用意し、お客様のお越しをお待ちしております。
「桜」は可愛らしく美しい文様の一つです。
待ち遠しい桜の季節に思いを馳せ、春の山菜などの天ぷらとともにお楽しみくださいませ。

1
担当 廣本

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月14日 (火)

◆ 圓堂歳時記 ◆

3月14日は「ホワイトデー」でございます。
日本では、バレンタインデーのお返しをする日として浸透しております。
欧米ではホワイトデーという文化はなく、「フラワーデー」や「ポピ-デー」などと称し、恋人同士が贈り物をし合う日だそうです。
今回は花籠をイメージして、お越しいただくお客様のお顔を思い浮かべながら床の間のお花を生けました。

掛軸:「春の濱邉」 榊原文翠
主な花材:百合、ストロベリー、撫子、菜の花

1

2

担当 畑

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月11日 (土)

- 白魚 -

歌舞伎の演目『三人吉三廓初買(通称:三人吉三巴白浪)』の名台詞「月も朧(おぼろ)に白魚の篝(かがり)も霞む春の空」に登場するように、白魚は早春の味覚として知られています。
新鮮な白魚は、水晶のように輝き、透き通っていて大変美しいです。
天ぷらでは、かき揚げ、紫蘇巻き、磯部巻き。
一品もご用意があり、白魚玉〆にて旬をお楽しみください。

1

担当 東

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 6日 (月)

◆ 圓堂歳時記 ◆

青々として艶のある葉に、真っ赤な花の椿。
今まさに開花する生命観と力強さに、例えようのない感動をいたします。
静と動の狭間、そこへ日本の美が凝縮されているように思います。

主な花材:椿

1

担当 畑

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 2日 (木)

- 桃の節句 -

桃の節句にあわせて、様々なしつらえでおもてなしいたします。絵画「桃の日」森田りえ子氏の作品は、上品なお顔立ちの男雛と女雛に桃の花、魔よけの犬ばこや長寿の象徴である鶴と亀の紋様など。めでたくもあり可愛らしいお雛遊びの作品です。
そのほかにも雛人形や掛け軸などもございますので、ぜひお食事とともにお楽しみくださいませ。

1

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月27日 (月)

◆ 圓堂歳時記 ◆

三月三日は、雛祭りでございます。
古くは中国の「上巳節(じょうみせつ)」を起源とし、邪気を祓う行事として深い信仰がございました。
旧暦での節句の時期には、邪気を祓う神聖な木とされた「桃」がちょうど見頃を迎え、そこから別名「桃の節句」として広く知れ渡ります。
曲線的な枝が横へ横へと成長していく桃は、やわらかく女性的な印象がございます。
京都の各寺社でも雛祭り関連の行事が催されておりますので、ぜひ足をお運びくださいませ。
八坂本店・平安神宮近くの岡崎邸にてお客様のお越しをお待ち申しげます。

主な花材:桃

1

担当 畑

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月24日 (金)

京野菜 - 竹の子 -

かぐや姫に登場しそうな京都の竹林、乙訓(おとくに)地域が名産地として広く知られております。
乙訓地域は長岡京市とその周辺を指し、古来よりこの一帯独自の「京都式軟化栽培法」で栽培されます。
手間暇かけ愛情を一身に受けた京竹の子は、皮は白く、アクやえぐみも少なく、柔らかい歯ごたえと特有の甘みがございます。
掘り取り後、時間経過とともに固くなり、えぐみが強くなるため、鮮度がなにより大切です。
朝取りの新鮮な竹の子に薄衣を着せ、天ぷらへと仕立てます。
その他にも若竹煮、道明寺蒸し、木の芽焼きなど、春の訪れをまじかに感じられる一品をご用意し、お客様のお越しを心よりお待ち申し上げます。

1

2

担当 喜田

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月20日 (月)

◆ 圓堂歳時記 ◆

啓翁桜は、昭和五年に久留米市山本の良永啓太郎氏が彼岸桜と中国から渡来した桜のミザクラを掛け合わせたことで生まれた品種のようです。
桜には有名なもので彼岸桜、山桜、啓翁桜、寒桜、染井吉野(吉野桜)があり、この他にも現在600種類以上の品種があるそうです。
桜の花が咲きはじめると、待ちわびた春が来たことに心が自然と穏やかになります。
弊店周辺には桜の名所が数多くございますので、春の行楽がてらお立ち寄りくださいませ。

掛軸:「三番兜」 望月玉成
主な花材:啓翁桜、若松、菜の花、ガマズミ

3

4

担当 畑

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月17日 (金)

おもてなし - 利休箸 -

古くから、箸は日々の糧を口に運ぶ道具であり、神と人をつなぐ架け橋として大切な存在でした。
この箸の形状は、茶人千利休が考案したため「利休箸」と呼ばれるようになったそうです。
利休は、茶懐石のために「中平両細」の両口箸を自ら一膳一膳削り、客人をもてなしたと伝えられております。
両口箸の片方は自分、もう片方は神様が使うとされ、縁起のよい箸として祭事や御祝などの特別な日に使用されるようになりました。
弊店では、お越しいただくお客様の特別なひと時を想い、こちらのお箸でおもてなしいたします。

218

担当 中嶋

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月13日 (月)

◆ 圓堂歳時記 ◆

京都各地では、もう間もなく梅の見頃を迎えようとしております。
冬の椿にはじまり、水仙、梅、桃、春の桜へと季節は移りゆきます。
今回使用した花材は梅でございます。
雨露風雨に耐えた幹肌と青々とした新芽の寿枝(ずわえ)の対比が生命感をより際立てます。
花の香りは梅そのもので、春の到来を間近に感じさせます。
 
掛軸:「初音」 画/望月玉成 賛/即中斎
主な花材:梅

216

担当 畑

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月10日 (金)

京野菜 - 花菜(はなな) -

豊臣秀吉の時代から京都伏見桃山近辺にて切り花用として栽培され始め、約40年前から「伏見寒咲菜種」の蕾を食用としたことが花菜の起源です。
心地よい歯ごたえとほのかな苦みが魅力的な京野菜でございます。
まだまだ寒さ身に染みる気候ですが、この他にも続々と春の食材が入荷しております。
弊店にて、一足先の春をご堪能くださいませ。

担当 伊藤

212

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月30日 (月)

◆ 圓堂歳時記 ◆

1月も末、2月初めには節分がございます。
いよいよ立春、暦の上では春の到来。
新しい場所で新たな生活をスタートさせる準備の真っただ中という方も少なくないのではないでしょうか。
大切な方と、同志やお世話になった先輩方と、特別なひと時の思い出づくりに。
今月グランドオープンしました「天ぷら圓堂 八坂西邸」では、40席程のご宴席でお使いいただけます大広間がございます。
新年会や送別会、歓迎会など幅広くご利用いただけます。

掛軸:「九天鳳瑞新」 千宗室(裏千家 十五代 淡々斎)
主な花材:ガマズミ、菊、菜の花、ヒヤシンス、木苺

2

3

4

担当 畑

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月27日 (金)

- 極上芋焼酎 -

弊店では、不動の人気且つ入手困難な“3M”の名で知られる鹿児島の極上芋焼酎「村尾」「森伊蔵」「魔王」を取り扱っております。
入荷するとすぐに完売となってしまうことも。
それぞれに個性があり、飲み比べも食事の醍醐味の一つでございます。
村尾は複雑な味わいと芳醇な香りに芋の甘みと香ばしさ、森伊蔵は癖がなくすっきりとしていながらまろやかな味わい、魔王は柑橘系の果実を思わせる豊かな香りが特徴です。
揚げ油の奏でる音楽とともにお楽しみくださいませ。

1

担当 堂本

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月23日 (月)

◆ 圓堂歳時記 ◆

掛軸に書かれた禅語「無事是貴人」とは、ありのまま、見るがまま、聞くがまま、そのままに造作なく行うこと。
これは、いけ花の世界にも通じます。
無理に造作することなく、そのままの姿をそのままに生けること。
より自然の姿に近づけ、技を見せることなく表現すること。
あるがままに美しい命の姿を大切に、本日も一瓶一瓶生け上げます。

掛軸:「無事是貴人」 即中齊 (表千家 十三代 家元)

主な花材:木瓜(ボケ)

2

担当 畑

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月20日 (金)

- おすすめワイン -

ルモワスネ・ペール・エ・フィス / ブルゴーニュ・ルージュ ルノメ 2007
Remoissenet Pere et Fils / Bourgogne Rouge Renommee 2007
ブルゴーニュ愛好家もうなる長期熟成の上質な赤ワイン。
『ブルゴーニュは飲み頃を迎えてからでなければ真価を発揮しない』という理念をもつルモワスネ社。
自社カーヴで保管・熟成し、飲み頃になってからリリースを行う古酒のスペシャリストとして賞賛されております。
“ルノメ=高貴”の名を持つこの赤ワインは、葡萄の出来のよい年の優れたキュヴェのみから造られます。
チェリー・フランボワーズなど魅惑的な香りにハーブのニュアンスも感じられ、透き通るような旨みに満ちた味わいでございます。

1

担当 山越

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月15日 (日)

八坂西邸 グランドオープン

昨夜の雪が綺麗に積もりました...
建仁寺や本日グランドオープンの八坂西邸も綺麗に雪化粧です❄️

2

3

4

5

天ぷら圓堂 店主拝

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月13日 (金)

- 圓堂のぶり大根 -

寒鰤は、12月〜2月頃の厳冬期に獲られる鰤のことを言い、主に北陸の氷見・能登・佐渡辺りが名産地です。
脂がのった鰤の造り身に、卸ろしたての山葵大根をたっぷりと載せて召し上がって頂くと、脂ののった寒鰤が驚く程あっさりと爽やかに食べて頂けます。
ぶり大根は煮物だけでなく造里の一品としても相性は抜群でございます。
わさび沢の雪どけの様な爽やかな香りがふわりと広がります。
この時期でしか味わうことのできない弊店自慢「ぶり大根」をどうぞご堪能くださいませ。

1

担当 小松
京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月10日 (火)

京都ゑびす神社

天ぷら圓堂の氏神様でもある「京都ゑびす神社」の十日ゑびす大祭にお詣りに行って来ました。
商売繁昌よろしくお願いします。

天ぷら圓堂 店主拝
www.endo.kyoto.

10
11

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 9日 (月)

◆ 草木歳時記 ◆

旧年中はひとかたならぬご厚情を賜り誠にありがとうございました。
本年も皆様にお楽しみいただけますよう尽力してまいります。
新年、生け初めの一瓶は万年青でございます。
一年を通して葉が青々と美しい姿を保つ植物で、ゆえに縁起ものとされてまいりました。
長寿の祝いや子孫繁栄、引っ越し時の開運など。
皆様のご健康とご多幸をお祈りしつつ、新年のご挨拶とさせていただきます。

主な花材:万年青(おもと)

担当 畑

9

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 6日 (金)

着衣始 - 白椿 -

新年には縁起を担ぐ行事として、江戸時代からの習わし「着衣始(きそはじめ)」がございます。
新調した着物に袖を通し、新たな気持ちで新年を迎えます。
旧暦で一月は春。
物ごとのはじめを意味する白、春の訪れを告げる椿の組み合わせ。
唐草小紋に白椿をちらした着物にて、お客様のお越しをお待ち申し上げます。

担当 田中

8

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 1日 (日)

「春風献上」

新春を迎え皆々様のご多幸をお祈り申し上げます。
天ぷら圓堂では名代京風天ぷらと共に、お正月らしい設えでお客様のご光来をお待ち申し上げております。

3

4

5

6

7

平成29年 元旦
圓堂主人・女将
www.endo.kyoto.

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月26日 (月)

◆ 草木歳時記 ◆

お花の記事は、こちらが年内は最後でございます。
本年中は格別のご高配を賜り深謝申し上げます。
来年も変わらぬお引き立てをお願い申し上げます。
どうぞよいお年をお迎くださいませ。

主な花材:ユーフォルビア、南京櫨(ナンキンハゼ)、糸菊、著莪、糸杉、カスケード、アマゾンリリー

1

2

担当 畑

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月23日 (金)

京野菜 - 堀川ごぼう -

一般的な牛蒡よりも太く、断面は丸太のようにも見えます。
豊臣秀吉の築いた邸宅「聚楽第」と縁があり、別名「聚楽牛蒡」とも呼ばれております。
聚楽第の堀跡で塵芥に埋まり、そこで年を越して大きく育ったことが始まりとされています。
栽培法は400年以上の歴史を有し、収穫までに2年以上の手間暇がかかります。
弊店では牛蒡の独特な歯ざわりや土の香りをより強く感じていただけるように、中心部をくり抜き周りの部分だけを天ぷらへ仕立てます。
京都で作られる地野菜の恵みを、余すことなくお召し上がりくださいませ。
4
担当 金子
京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月19日 (月)

◆ 草木歳時記 ◆

クリスマスのイルミネーションに街は賑わいを見せております。
弊店では、クリスマス装飾の代わりに各部屋のお花をクリスマス仕様にし、おもてなし。
雪景色とサンタクローズ、聖夜のときめきを一瓶に。
主な花材:ポインセチア、かすみ草、バラ、クリスマスホーリー、ゴット、黒文字、青文字、撫子、ピンポン菊、菊
1
2
3
担当 畑
京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月17日 (土)

天ぷら圓堂 取材情報

関西テレビにじいろジーン様が、日本全国初日の出SPと称して元旦から営業してます「天ぷら圓堂八坂西邸」を取材して頂きました。
※12/31(土)朝8:30-9:55放送予定

5

6

天ぷら圓堂店主 拝
www.endo.kyoto

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月14日 (水)

「天ぷら圓堂 八坂西邸」開店のご挨拶

この度ご縁があり、八坂本店の西へ100m 建仁寺の勅使門前に「天ぷら圓堂 八坂西邸」を開店致しました。これもひとえに皆様方の温かいご支援とご愛顧の賜と心より感謝申し上げます。
※開店までのスナップをご笑覧下さい→http://west.endo.kyoto
4
5
6
天ぷら圓堂
店主 遠藤弘一

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月12日 (月)

◆ 草木歳時記 ◆

冬を代表する花、水仙。
その香りは、金木犀(キンモクセイ)よりもより透明感のある香りで、華やかな印象でございます。
冬枯れの中で咲く水仙の花は、より一層香りと瑞々しい花葉が際立って参ります。
冷たい風にもめげずに、美しく咲き誇る姿をイメージして。
主な花材:寒桜、若松、水仙、衝羽根(ツクバネ)
1
2
3
担当 畑
京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 9日 (金)

- 下仁田ネギ -

群馬県下仁田町で栽培されたものを「下仁田ネギ」と呼び、その歴史は二百年以上でございます。
その昔に江戸の御殿様へ謙譲されていたことから、別名「殿様ネギ」とも呼ばれます。
生の状態では辛みがありますが、火を加えることでとろけるような舌触りと優しいながらも強い甘みが生まれます。
弊店ではもちろん熱々の天ぷらで。
1
担当 秦
京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 5日 (月)

◆ 草木歳時記 ◆

すっかり冬の季節に様変わりし、秋を懐かしく感じております。
今年の紅葉狩りはいかがでしたでしょうか。
弊店周辺も、寺社仏閣と紅葉とのコントラストが美しく、今年も行楽で多くの方がいらっしゃいました。
来年の秋がすでに楽しみでございます。
今年もあっという間に師走ですが、良い年を迎えられますよう準備に大忙しでございます。
12月7日頃 二十四節気「大雪」
主な花材:山茶花(サザンカ)、白千層(ハクセンソウ)、木通(アケビ)、山錦木、糸菊、水仙、ソリダスター
1
2
3
担当 畑
京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 3日 (土)

おもてなし - 茶器 -

弊店では季節ごとに食材やしつらえなど、五感でお楽しみくために日々思考を凝らし変化をもたせております。
季節は冬、クリスマスの時期ございます。
特別天ぷら会席「東山」では、食後酒として貴腐ワインもしくはお抹茶をご用意しております。
お抹茶をお選びの方には、愛らしいクリスマス仕様のお干菓子と茶器にておもてなし。
特別な日にふさわしい特別会席で美味しいひとときをおくつろぎくださいませ。
1_2
担当 井ノ口
京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月28日 (月)

◆ 草木歳時記 ◆

椿は、早咲きの品種では10月頃から蕾が膨らみ、美しい花が咲きだします。

品種ごとに開花時期が異なり、秋口から春先までと幅がございます。

見事な花と青々として艶のある葉を合わせもち、一輪挿しで十分に姿が整います。

冬は花が最も乏しい季節であり、椿が昔から重宝されていたのも納得でございます。

主な花材:椿、糸菊、山錦木、太藺、水仙、竜胆

1_5

2

3

担当 畑

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」

京都市東山区小松町566

075-551-1488

http://www.endo.kyoto.

http://www.facebook.com/gion.endo

■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」

■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月25日 (金)

京野菜 - 京かんざし -

京かんざしは、金時人参を早取りしたもので、平成21年より「京野菜」として販売開始の新しい品種でございます。
その名の由来は、舞妓さんの花簪(根は簪、葉は下がり)に見立てて名付けられました。
爽やかな緑と艶やかな紅のコントラストは、京都各所の鳥居を連想させます。
馴染みのある金時人参と合わせて、冬の京料理を彩る食材のひとつでございます。
香り高い地野菜の旨味を丸ごとお楽しみくださいませ。
1
担当 原
京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月18日 (金)

- Wine&Bar 近江榮 -

寒さも一入身に染みるころ、皆様いかがお過ごしでしょうか。
弊店より徒歩5分程の場所へ、ワイン&バー「宮川町 近江榮」がございます。
お食事後の二軒目使いやちょっとしたお待ち合わせの場所としてもご利用をいただいております。
ワイン以外にもシャンパン・カクテル・スピリッツなど幅広く取り揃えており、弊店の天ぷらも軽食としてご提供しております。
芸妓・舞妓・コンパニオンの手配も可能で、様々な形でご利用いただけます。
お茶屋の並びに佇む「近江榮」にて特別なときを。
1
2
担当 藤原
ワイン&バー 京都祇園「宮川町近江榮」
京都市東山区宮川筋四丁目315
075-561-0303
http://www.oumi-e.jp/
京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月14日 (月)

◆草木歳時記 ◆

一瓶が整うと床の間を中心に、時が止まったかのように空間は静寂に包まれます。
掛け軸にお花、お香の香り、特別なひと時がお過ごしいただけますことを心より願っております。
主な花材:藤袴(フジバカマ)、油灯台躑躅、ピンポン菊、杜鵑(ホトトギス)
1
2
3
担当 畑
京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月12日 (土)

ー圓堂店主よりー

本日の素晴らしい秋晴れのもと「天ぷら圓堂」も八坂本店を始め別邸・岡崎邸共に大勢のお客様を迎えさせて頂きます。

また「名代天結び」も好評で、朝から行事御見舞い始め 行楽地へのお届けなど大忙しで皆んな頑張っております。

ご用命の際はお声掛けを賜りましたら、お客様のご希望に沿って調製をさせて頂きます。🍁☀️🍂

2

3

4

5

6

天ぷら圓堂

店主敬白

www.endo.kyoto

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月11日 (金)

- 大黒占地 -

大黒占地(本占地)は、“香り松茸、味占地”と称されるように、松茸を圧倒する程の濃厚な旨みがございます。

それに加えて、抜群の歯ごたえが特徴でございます。

軸の部分が徳利状に膨らみ、七福神の大黒様のお腹に似ていることから「大黒占地」と呼ばれ、古くから珍重されてきました。

香りを薄衣にやさしく包み、お客様へ秋のお便り申し上げます。

Photo

担当 小澤

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」

京都市東山区小松町566

075-551-1488

http://www.endo.kyoto.

http://www.facebook.com/gion.endo

■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」

■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 7日 (月)

◆ 草木歳時記 ◆

本日11月7日、「立冬」。

実際の季節では秋の到来を感じ、木々がようやく色づき始める頃でございます。

ひんやりとした風と、戯れ賑わう秋草の楚々とした情景に感動して。

主な花材:油灯台躑躅、エノコロ草、山竜胆、クルクマジンジャー、白水引

Photo

担当 畑

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」

京都市東山区小松町566

075-551-1488

http://www.endo.kyoto.

http://www.facebook.com/gion.endo

■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」

■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 4日 (金)

◆ 草木歳時記 ◆

先日の10月31日、ヨーロッパを起源とする行事「Halloween(ハロウィン)」でございました。

日本では大晦日にあたり、この夜は死者の霊が家族を訪ね、精霊や魔女が現れると信じられてきました。

この行事は元来、秋の収穫を祝い、悪霊を祓うことが目的でありました。

歴史の中で多様な風習や文化に触れ、変化を繰り返し、現在の日本でも静かに広まりつつあります。

今回のお花はハロウィンを主題とし、石化柳で怪しげな雰囲気を表現してみたり、鈴薔薇をカボチャに見立てたりと思考を凝らしております。

主な花材:石化柳、藤袴、山保呂志、万作、鶏頭、狗尾草(エノコログサ)、鈴薔薇、吾亦紅(ワレモコウ)、野薔薇(ノイバラ)

8

担当 畑

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」

京都市東山区小松町566

075-551-1488

http://www.endo.kyoto.

http://www.facebook.com/gion.endo

■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」

■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月30日 (日)

ー圓堂主人よりー

天ぷら圓堂のある東山や八坂界隈の料亭や旅館は、鴨川にほど近く、古くより「加茂七石」と云われる京都の銘石を贅沢に使用した石垣を組み、その上に数寄屋建物を築くという手法をとってきました。
新しく建築中の圓堂八坂西邸でも本店の石垣意匠を継承すべく、京都石積み職人で著名な安藤氏にお願いして石垣造りを行なっています。
紅加茂石・雲ヶ畑石・貴船石・鞍馬石・賤機石・八瀬まぐろ石・ふご下石などなど…、それぞれの石が放つ独特の紋様や深い色合いと、それらを独特の個性で積み上げる安藤氏の石積みの技をご期待下さい。
※「天ぷら圓堂 八坂西邸」は今冬開店予定です
※カウンター20席、宴席50名様迄対応致します

4_2

天ぷら圓堂
主人 遠藤弘一 拝

| コメント (0) | トラックバック (0)

ー圓堂主人よりー

かねてより準備を進めておりました「天ぷら圓堂 八坂西店」愈々12月にオープン致します。
今年早々に京都府有地とご縁があり、その後半年間、行政景観打合せ・条例許認可等の準備を進め、つつがなく地鎮祭・棟上げも執り行い、現在は工事が佳境に入ってます。12月中旬(予定)の開店を目指しております。
建築以外にも、お庭やお部屋のしつらえ… 料理やおもてなしスタッフとの目合わせ… 建具や調度の選定等など…、暫く多忙な日々を送る事になりますが、皆さまに愛される店になるよう 従業員一同頑張って参る所存ですので、本店同様にご贔屓賜りますよう何卒お願い申し上げます。
5_2

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月28日 (金)

- 京都伏見の地酒 -

食の秋。
料理をより引き立てる、食事のお供。
天ぷらとの相性が抜群で、豊かな風味とすっきりとした後味の京都伏見のお酒。
弊店では、冷酒として月桂冠「祝米」、齊藤酒造「古都千年」、玉乃光酒造「玉乃光」、熱燗では齊藤酒造「英勲」をご用意しております。
京都のお酒と圓堂の天ぷら、そして素敵な会
話のひと時に酔いしれてみては如何でしょうか。

6

担当 田中

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月24日 (月)

◆ 草木歳時記 ◆

植物全体に毒があり、なかでも根の部分に強い毒をもつ鳥兜。
意外にも、花は鮮やかな青紫で美しい姿をしております。
表情の面白い野咲きの鳥兜が手に入り、茶花として生け、その表情を際立てました。
床の間にあたる照明が、よりムードを生み出します。

主な花材:鳥兜(トリカブト)、鬼ハゼ

5

担当 畑

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto.
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月21日 (金)

- 秋の味覚 -

この時期は、栗・きのこ・松茸・銀杏・南瓜など、ギュッと旨みの凝縮した食材が豊富にございます。
その中でも弊店では、京都ブランド野菜である「丹波本占地」「丹波栗」をお薦めいたします。
丹波本占地は、旨味成分が松茸の2倍。
丹波栗は、大粒で色艶に優れ、天ぷらに仕立てることでより甘味が増します。
その他にも、秋を感じられる食材を取り揃えておりますので、ぜひお楽しみくださいませ。4
担当 沖
京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.endo.kyoto./
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月17日 (月)

◆ 草木歳時記 ◆

いけ花には、多種多様な表現(形式美、自然美、出生美、自己表現など)がございます。

どのような表現をするのかは、草木の表情や生ける環境を十分に考慮する必要がございます。

草木をよく観察し、花器・草木・花形との出会いを探し、一瓶を整えます。

偶然であり必然的な“出会い”に触れられることが、いけ花に没頭してしまう魅力でもございます。

主な花材:ナナカマド、曙草、糸薄、鬼ハゼ、ハンカチの木、バニカム

3

担当 畑

京都祇園「天ぷら八坂圓堂」

京都市東山区小松町566

075-551-1488

http://www.gion-endo.com/

http://www.facebook.com/gion.endo

■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」

■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月14日 (金)

- 錫(すず) -

少しづつ木々が色づきはじめ、深まりゆく秋を感じる季節となりました。
今回は、お客様によくご興味を持っていただく宮内庁御用達「清課堂」の錫製酒器についてお話いたします。
錫は純度100%のやわらかい鉱物であり、錆びず、朽ちることはありません。
また、古くから寺社仏閣の壮厳品や宮中の御用品にも使用されております。
熱伝導が良いため、冷たいものはより冷たい最高の状態でお召し上がりいただけます。
弊店では主に日本酒をこちらの酒器でご提供しておりますので、揚げたての天ぷらと一緒にお楽しみくださいませ。
Photo
担当 荒川
京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.gion-endo.com/
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月10日 (月)

◆ 草木歳時記 ◆

古くから生活に密着し、多様性のある花形に“投入花”がございます。
花瓶や壺など水の入る器であれば、どんなものにでも生けることが可能です。
剣山を使用せず、水面下で植物同士が支えあい、一瓶の姿を整えます。
投入花は、技を見せず、ごく自然に生けることで、生命の輝きを協調させます。
植物同士に風が抜けるように間を持たせることで、躍動感や情緒を表現します。
主に、茶花や玄関先の花として好まれ、詫び寂びの日本文化に強く影響を受けた花形でございます。
主な花材:糸薄、栗、本ハゼ、スモークグラス、竜胆、蝦夷菊、水引
Collage
担当 畑
京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.gion-endo.com/
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 7日 (金)

季節の移ろい - 秋の七草 -

14305303_1081993158521820_180433822
春の七草は、長い冬の終わりに新芽の滋養を御粥で食し、無病息災を祈願します。
これに対して秋の七草には、秋の訪れをいち早く知らせるものが多く、咲き誇る花の美しさを古くから愛でて参りました。
秋の七草は万葉集の山上憶良が詠んだ歌「秋の野に 咲きたる花を 指折り かき数ふれば 七種の花」「萩の花 尾花 葛花 瞿麦の花 姫部志 また藤袴 朝貌の花」に由来します。
歌に浮かぶ風景は、今となっては稀なものとなってしまいました。
花野を眺めながら、一句詠んでみたいものです。
春の七草「芹、薺、御形、繁縷、仏の座、薄、蘿蔔」
秋の七草「萩、尾花、葛、撫子、女郎花、藤袴、桔梗」
花材:尾花(すすき)、女郎花(代用でミシマサイコ)、藤袴
担当 小谷
京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.gion-endo.com/
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 3日 (月)

◆ 草木歳時記 ◆

澄み切った青空に群生して咲く秋桜とのコントラスト。
時折、そよ風にゆらゆら揺れる姿はなんとも愛らしく感じるものです。
秋桜(コスモス)の語源は、ギリシャ語「Kosmos, Cosmos (美しい・秩序)」に由来します。
宇宙「cosmos」と同じ語源で、星々や花びらが整然と並ぶ様子の美しさを称えられたものだそうです。
花色は、鮮やかなピンクの他に白・赤・橙・黒などがあり、色とりどりに咲く景色もまた見事でございます。
主な花材:秋桜(コスモス)、吾木香(ワレモコウ)、鬼ハゼ、バニカム
Collage_3
担当 畑
京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.gion-endo.com/
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

ー おすすめワイン -

カンティーネ・サン・マルツァーノ / コレッツィオーネ・チンクアンタ
Cantine San Marzano / Collezione Cinquanta
14095745_1058179104236559_274662116
ワイナリーの創業50周年を記念して作られたサン・マルツァーノ社の真骨頂であり特別なワイン。
プーリアの宝ともいうべき樹齢50年以上の古木から収穫をされた葡萄(2011年産と2012年産のキュヴェ)がブレンドされております。
ブラックベリーやプルーンを煮詰めたような濃縮されたとろっとした舌触りと香り高い果実味。
ほんのりとスパイスのニュアンスがアクセントとなり、滑らかで長い余韻をお楽しみいただけます。
担当 山越
京都祇園「天ぷら八坂圓堂」
京都市東山区小松町566
075-551-1488
http://www.gion-endo.com/
http://www.facebook.com/gion.endo
■JA京都/(社)京のふるさと産品協会「旬の京野菜提供認定店」
■(社)日本ソムリエ協会会員・協会認定ソムリエ

| コメント (0) | トラックバック (0)

«おもてなし - 遊び心 -